『声優×怪談』『ピュア!』『だから私は推しました』 秀作続くNHKに「ぶっ潰す必要ない」の声も

『声優×怪談』『ピュア!』『だから私は推しました』 秀作続くNHKに「ぶっ潰す必要ない」の声も

『声優×怪談』『ピュア!』『だから私は推しました』 秀作続くNHKに「ぶっ潰す必要ない」の声もの画像


『声優×怪談』は人気声優たちが「怪談」を声とイラストや実写映像を交えながら届ける朗読劇で、第1夜「赤の怪談」は“復しゅう劇”をテーマにした。

『108人目の卒業生』(緒方恵美×竹達彩奈)、『黒いプロフィール』(桑島法子)といった学園で起きた都市伝説的なものや、『佐賀の化け猫」(三石琴乃)のようにまさに怪談と言えるものまでカラーは様々だ。中盤からは『呪怨』(神谷浩史)、『轢(ひ)いた女』(池田秀一)、『元カノ』(緒方恵美)と次第に怖さがエスカレートしていく。

三石琴乃が自身のTwitterで「お話にぴったりな黒猫ちゃんの帯、持ってた私は、持ってる?」とツイートしたところ、「三石さん持っとるよ〜!」、「帯、ぴったりでした 演技もお着物姿も素敵でした」と反響があるなか「私はセーラームーン世代で25年前の初期よりいつもお声を聞かせて頂いております…普段私自身怖い話自体が苦手で避けることが多いのですが、頑張って耳を澄ませていました。でもやっぱり怖かったです」という声も見受けられた。

緒方恵美の投稿には、「怖くて朝見ました。面白かったです。1人で何役もこなしている時に急にイケボがくると恐怖とは別の意味でドキュンしました」、「元カノめっちゃ怖かったです」、「緒方さんのお声、とってもステキでした。怖いのにキュンキュンゾクゾク!? カップルでお化け屋敷に入る感覚でした」などのコメントが寄せられている。

15日放送の第2夜「黒の怪談」は亡霊の物語を揃えており、『菊花の約(ちぎり)』(うえだゆうじ×神谷浩史)、『死を呼ぶ大観覧車』(竹達彩奈)、『最期の夢』(池田秀一)、『自殺ですね?』(緒方恵美)、『リング』(うえだゆうじ)、『青い目の人形』(三石琴乃×桑島法子)を届ける。緒方恵美によると『自殺ですね?』は漫画作品『死役所』の物語という。

一方、怪談と打って変わり“腹黒”アイドルと“わがまま”刑事が殺人事件を解決する痛快ミステリー推理ドラマ『ピュア!〜一日アイドル署長の事件簿〜』は8月13日、14日、15日とオンエアされている。

主人公のアイドル・黒薔薇純子役を好演する浜辺美波のTwitterには、「可愛すぎる。もう癒しでしかないわww」、「アルキメデスとは違い沢山笑いました(笑)美波さんめっちゃ可愛いです。今夜も見ます」、「2度目のお姫様抱っこの後の予想を上回る腹黒アイドル、面白い。どうせなら3日連続と言わず1クールかそれともシリーズ化してもらうこと出来ないのですかね」といったコメントが届く人気ぶりだ。

また、NHK総合ではよるドラ『だから私は推しました』を7月27日から放送しており、こちらは主人公となる30歳目前のOL・遠藤愛(桜井ユキ)が地下アイドル・栗本ハナ(白石聖)と出会い元気をもらいながら「オタク沼」にハマっていく物語だ。地下アイドルとファンの心理をヒロインを通してリアルに描くドキュメンタリー性や、サスペンス要素も楽しめるエンタメドラマと注目を集めている。

ネット上では『ピュア!』と『だから私は推しました』について「NHKはたまにこういう番組を作ってくれるからぶっ壊しちゃダメでしょ! …この2本は風刺がきいてて良い NHKぶっ潰す必要ないと思います」という声も見受けられた。『声優×怪談』も含め最近のNHKのアプローチは良い意味で期待を裏切る部分が多く、番組への評価は高くなっているのではないだろうか。

画像は『竹達彩奈 2019年8月14日付Twitter「そして本日と明日は!NHK総合1 午後10時50分〜午後11時20分から『声優×怪談』です。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)