エルトン・ジョン、南仏休暇で大バッシングを浴びたヘンリー王子夫妻を擁護

エルトン・ジョン、南仏休暇で大バッシングを浴びたヘンリー王子夫妻を擁護

エルトン・ジョン、南仏休暇で大バッシングを浴びたヘンリー王子夫妻を擁護の画像


8月4日にメーガン妃の38歳誕生日を迎えた後から、アーチーくんを連れてスペイン・イビサ島に出かけていたヘンリー王子・メーガン妃夫妻。プライベートジェットでの旅がバッシングを浴びた2人だが、帰国からわずか2日後には再びプライベートジェットに乗り南仏ニースへと旅立っていたことが明らかになった。英紙『The Sun』『Daily Mail Online』にはアーチーくんを抱っこしたメーガン妃とヘンリー王子が機体から降りる様子をとらえた写真が掲載されている。

ヘンリー王子は7月末にも「Googleキャンプ」に参加するためイタリア・シチリア島へ出かけていた。つまり約3週間でイタリア、スペイン、フランス各国とイギリスを3度もプライベートジェットで往復しているのだ。

そんなヘンリー王子は日頃から環境問題に積極的に取り組んできており、メーガン妃が“編集者デビュー”を飾った英版『VOGUE』9月号では動物行動学者ジェーン・グドール博士と対談、その中で地球温暖化への懸念を吐露し「次世代には、よりよい環境を残してあげたい」と語っていた。

そのためプライベートジェットでの頻繁な移動には「環境問題を熱く語る人物のすることではない」「行動が矛盾しすぎ」と猛バッシングを浴びる結果となってしまった。

そんななか現地時間19日、英王室と深い親交のある歌手エルトン・ジョンがTwitterを更新し、夫妻の南仏旅行をアレンジしたのは自分であったことを暴露するとともに、大切な友人だった故ダイアナ妃の早すぎた死を招く結果となったメディアの過剰報道に言及、

「私には、ヘンリー王子や家族を守る重大な責任があると感じている。」

とツイートした。5回に分けて投稿された長いツイートのなかには、多忙な日々を送る夫妻にリラックスした環境の中でホリデーを過ごしてもらうために自分の別荘を貸したことや、プライバシーへの懸念からプライベートジェットという移動手段を選んだことなどが記されている。また批判を浴びている環境問題に関するヘンリー王子の矛盾についても、

「使用した機種は“カーボンニュートラル”(燃焼しても大気中の二酸化炭素の増減には影響を与えない)でした。」

などと反撃した。

エルトンのこのたびのツイートには、

「確かにヘンリーとメーガンについては、メディアは意地の悪いニュースしか書かない。」

「ダイアナ妃のことがあってもまだ懲りないのか。」

「エルトンが勇気を出してツイートしてくれてよかった。」

といった声があがっている。

しかし一方で、

「悪いニュースしかないのは、2人が批判されても仕方のない行動ばかり取っているから。ウィリアム&ケイトをお手本にするべき。」

「“プライベート”と騒ぐなら、血税で贅沢しないで!」

との意見もあり、エルトンのTwitterには引き続きコメントが相次いでいる。

来月にはいよいよアフリカを訪問するヘンリー王子・メーガン妃夫妻だが、アーチーくん同伴とあって英メディアによる報道もますます過熱することが予想される。
(TechinsightJapan編集部 c.emma)