バッシング続くヘンリー王子・メーガン妃夫妻に 人気司会者や歌手が次々と援護

バッシング続くヘンリー王子・メーガン妃夫妻に 人気司会者や歌手が次々と援護

バッシング続くヘンリー王子・メーガン妃夫妻に 人気司会者や歌手が次々と援護の画像


今月にプライベートジェットで南仏へ出かけていたことが明らかになった英王室ヘンリー王子・メーガン妃夫妻。2人はその数日前にスペインでの休暇を終え、プライベートジェットで英国に帰国したばかりだったことから、「ロイヤルメンバーという立場にありながら、連日遊び回っている」との批判や「日頃から環境問題への懸念を口にしているわりには、プライベートジェットを頻繁に利用しすぎ」「行動が矛盾している」といったコメントが相次いだ。

そんなネット上での夫妻に対する誹謗中傷を見かねたエルトン・ジョンは、のちに自身のTwitterで「夫妻の休暇をアレンジしたのは自分」「メディアは執拗な攻撃を止めるべき」と2人を擁護するツイートをあげ、大切な友人だった故ダイアナ妃の早すぎた死を招く結果となったメディアの過剰報道に言及。

「私には、ヘンリー王子や家族を守る重大な責任があると感じている。」

とツイートしたのだった。

その後「エルトンに続け」とばかりに、ハリウッドセレブらが次々とSNSでヘンリー王子・メーガン妃夫妻を擁護するコメントを記している。人気トーク番組『The Ellen DeGeneres Show』やアカデミー賞授賞式の名司会者として知られるエレン・デジェネレスはSNSに夫妻のツーショット写真をアップし、次のようにコメントした。

「ポーシャ(エレンの妻)と私は、ヘンリー王子&メーガン妃の野生生物保護活動について話し合うため、英国で夫妻にお会いしました。2人は本当に気さくで思いやりに溢れた素晴らしい人達でした。世界をより住みやすい場所へと変えるために尽力するなか、その一挙手一投足を批判されてしまうという現実を想像してみてください。」

また日頃から自身もバッシングの標的にされることの多いシンガーP!NKはTwitterで、

「サセックス公爵夫妻を擁護する人々が現れたことを、嬉しく思う。ネット上での夫人の扱いは公開イジメで、私が最近目にしたなかでもその度合は最たるもの。」

「事態はもう手に負えないところまで来ている。いつもより少しだけ優しくなれない? 誰かに優しくできることは“クール”であると、私達が率先して子供達にお手本を示さなくちゃ。」

とツイートしている。

またヘンリー王子夫妻と親交のあるアルゼンチン出身のポロ競技選手イグナシオ・フィゲラスは、

「私はこの命ある限り、夫妻を擁護し続けます。」

「2人は今日の社会の“宝”。私達はそんな彼らを守り、インスピレーションを受けるべき。ヘンリー&メーガン、僕達は君らをサポートするから、辛抱してくれ。そして今の自分たちを何1つ変えようなんて思わないで。」

とコメントした。

ちなみに過去には俳優ジョージ・クルーニーも、

「妊娠7か月の女性にもっと配慮すべき」
「ダイアナ妃を襲った悲劇が繰り返されている」
「メーガンは本当に親切で聡明、頭の切れる女性だ。ヘンリー王子とメーガンは素晴らしく愛情深い夫婦だよ」

などとメーガン妃やヘンリー王子を擁護するコメントを度々発してきた。また英王室もネット上で執拗に続く誹謗中傷を受け今年3月に、現在運営中の複数のソーシャルメディアアカウントを利用する際のガイドラインを発表するなど異例の行動に出ていたところだった。

しかし今回このように複数のセレブ達が擁護に出たことに対して人々は、

「困った時はやっぱりリッチなセレブ友達に助けを求めるんだね。」

「収束不可能な事態になるのには、2人にそれなりの理由があるからでしょう?」

と冷ややかな感想を抱いているようだ。

画像は『Ellen DeGeneres 2019年8月19日付Twitter「Portia and I met Prince Harry and Meghan in England to talk about their work on wildlife conservation.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)