EXIT・兼近ら“第7世代”4ショットに「神メンツすぎ!」の声

EXIT・兼近ら“第7世代”4ショットに「神メンツすぎ!」の声

EXIT・兼近ら“第7世代”4ショットに「神メンツすぎ!」の声の画像


2018年の『M-1グランプリ』で優勝した霜降り明星は、20代の若手芸人が中心となって新しい笑いを追求していきたいとの思いが強く、同世代のミュージシャンやYouTuberらも巻き込んで一緒に何かを仕掛けていきたい―とも語っており、夢は大きい。しかしお笑い界の世代交代はなかなか進まず、今のバラエティ番組を席巻しているのは40代後半か50代である。その中でもダウンタウンは、20代でゴールデンタイムに冠番組を持っていた。霜降り明星のような実力ある若手芸人にぜひ奮起してもらい、新風を巻き起こしてもらいたいものだ。

28日の『EXIT 兼近(kanechi_monster)ツイッター』には「次世代座談会in高田馬場STATION」と記して、最近バラエティやネタ番組で見かける面々が紹介されている。『かが屋 賀屋(kagayahirai)ツイッター』にも同じメンバーの写真が投稿され、「EXIT兼近さん、宮下草薙草薙さん、四千頭身石橋くんとお食事会でした! ネタパレ終わり! 楽しかった! あざまる水産よいちょまる!」と大変盛り上がったことが報告されている。さらに石橋遼大も「なんて楽しい会だった事か」とツイート。見事なくらい所属事務所はバラバラの4人だが、同じ若手で頑張っているお笑い芸人同士で話は尽きなかったのだろう。

これらの投稿で兼近大樹のツイッターの反響が特に大きく、28日15時現在で2.2万件の「いいね」を獲得している。リプライ欄では「スゴいメンツ!! 楽しそう」「神メンツすぎて全ファンが歓喜しました」「豪華すぎます! みんな、大好き」「面白い人たちしかいなくて最高の写真」「これからも新しいお笑い時代をもっともっと切り開いていってください」と、令和のお笑い界を背負って立つであろう4人へ期待の声で溢れていた。

画像は『EXIT 兼近 2019年8月28日付Twitter「ばしなぎかやねちか」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)