ポテトチップスなど極端な偏食を10年続けた少年 聴覚と視覚に障害(英)

ポテトチップスなど極端な偏食を10年続けた少年 聴覚と視覚に障害(英)

ポテトチップスなど極端な偏食を10年続けた少年 聴覚と視覚に障害(英)の画像


イギリス在住の少年(名前は公表されていない)が10年間も極端な偏食を続けたところ、17歳の時に聴覚障害と視覚障害に見舞われた。彼は小学校の頃からプリングルズなどのポテトチップス、フライドポテト、精白パン、そして加工されたハムやソーセージ中心の食生活を送っていた。

少年は食べ物の好き嫌いが激しい以外は特に健康に問題はなく、薬を処方されるようなことも無かった。しかし14歳を迎えた頃、慢性的に疲れを感じるようになり、さらには話し声や物音が聞き取りにくいと感じるようになった。

そのため総合診療医の診察を受けたが、医師からはビタミンB12が欠乏しており貧血気味だと診断された。医師は少年にビタミン剤の注射をした後、食生活を改善するように忠告した。しかしその後も少年は、これまでと同じような食生活を続けていたようだ。

そして15歳の時、聴覚がさらに低下したためMRI検査を受けたが、耳の構造的な異常はみられなかったという。また同時に視力も低下し始め、17歳の頃には両目とも0.1程度の視力しかなかった。

彼の症例は医学学術雑誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」に報告されており、ユニバーシティ・ホスピタルズ・ブリストルNHS財団信託で働き、共著したデニズ・アタン医師(Dr Denize Atan)は少年の症状について次のように説明している。

「ビタミンの著しい欠乏によって彼の目と脳をつなぐ視神経がダメージを受けたようです。これは栄養欠乏性視神経症と呼ばれ、十分な栄養がとれないアフリカなど開発途上国で見られる症状です。」

栄養欠乏性視神経症は遺伝で起こることもあるというが、アタン医師によると少年はジャンクフード中心の食生活が原因だと話している。また少年の聴覚障害と視覚障害については、ビタミンBと銅の不足から来ているとも明かした。

少年はサプリメントを摂取し栄養バランスは改善できたものの、視覚と聴覚が回復することはなかったようだ。また彼は視力低下のせいで仕事に就くこともできず、友人もあまりいないとのことだ。

19歳になった彼は、特定の食感、ニオイ、味があるものや見た目が好ましくないものをいまだに食べることができず、回避・制限性食物摂食障害(ARFID)に苦しんでいるという。

画像は『The Irish Post 2019年9月2日付「Teen left blind and partially deaf after living off diet of chips, sausages and crisps」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)