世界最高齢74歳女性、双子を出産も「非倫理的」批判の声相次ぐ(印)

インドで74歳の女性が双子を出産 世界最高齢とみられるが「非倫理的」と批判の声も

記事まとめ

  • インドで74歳の女性と80歳の夫の間に5日午前10時30分、双子の女の子が誕生した
  • 1962年に結婚した2人は子供を望んできたが、57年間子供に恵まれなかった
  • 『The Sun』は歴史的快挙となる今回の不妊治療費は病院が全て負担したことを明かす

世界最高齢74歳女性、双子を出産も「非倫理的」批判の声相次ぐ(印)

世界最高齢74歳女性、双子を出産も「非倫理的」批判の声相次ぐ(印)

世界最高齢74歳女性、双子を出産も「非倫理的」批判の声相次ぐ(印)の画像


アーンドラ・プラデーシュ州イースト・ゴダバリ地区にあるネラパーシパドゥ村(Nelapartipadu)在住のエラマティ・マンガヤマさん(Erramatti Mangayamma、74)と農業で生計を立てている80歳の夫ヤラマティ・シタラマ・ラジャラオさん(Yaramati Sitarama Rajarao)の間に5日午前10時30分、双子の女の子が誕生した。

1962年3月22日に結婚した2人は子供を望み、これまでに数多くの病院を訪ねたり寺で祈りを捧げてきたが、57年間子供に恵まれなかった。

エラマティさんは74歳で双子を授かった喜びを、次のように語っている。

「子供ができないことで私は長い間、まるで罪を犯した人間であるかのような目で見られてきたのです。近所の人には子供ができない女性を蔑む卑語(godralu)で呼ばれたこともありました。でも夫は私をいつも守ってくれました。」

「昨年、近所の55歳の女性が体外受精で子供を授かったのを知って、私にもまだチャンスがあるのではと思いました。こうしてやっと双子を授かることができて、子供が産めない女と呼ばれることもなくなります。私たち夫婦は世界で一番幸せです。これからは産まれてきた双子をしっかりと育てていきます。」

エラマティさんは昨年、同州グントゥールにあるアハリヤ病院(Ahalya Hospital)で行った体外受精に1回で成功し、今年1月に妊娠していることが判明した。合併症などを避けるため、エラマティさんはその後約8か月を入院して過ごし、循環器専門医、呼吸器科医、産婦人科医、栄養士などが体調を随時モニタリングしてきた。また数回にわたって精神的なカウンセリングも受けており、出産には万全の態勢で臨んだという。

エラマティさんの担当医であるサナカヤーラ・ウマサンカー氏(Sanakayyala Umashankar)は「エラマティさんは25年ほど前に閉経していましたが、どうしても子供が欲しいと私たちの施設にやってきました。様々な検査の結果、彼女が出産に耐えられると判断し、ドナーから提供された卵子と夫のラジャラオさんの精子を使って体外受精を行いました。出産は帝王切開で、赤ちゃんは2人とも2キロほどの大きさで順調です。ただエラマティさんは授乳ができないので、母乳バンクのミルクを使用しています。74歳での出産は奇跡と言えるでしょう」と語っている。

ウマサンカー医師によると、エラマティさんの体調に今のところ問題はないが、ストレスが大きいことから出産後は集中治療室でケアを受けたということだ。また今後3週間は入院が必要になるという。

なお一部のメディアはエラマティさんの年齢を73歳と報じているが、いずれにしても世界最高齢であることは変わりなく、『The Sun』は歴史的快挙となる今回の不妊治療費は病院が全て負担したことを明かしている。

しかしながら74歳での出産を容認した医師や病院に対して、「望めば誰でも出産ができるのか」「リスクが高すぎる」「産後の母体が心配」「産まれてくる子供のことを考えていない」「社会的なプレッシャーから逃れるために子供を産むのか」「誰が世話をしていくのか」「体外受精の年齢を制限するべき」などの批判の声も少なくないようだ。

ちなみに2016年4月には、同じくインドのパンジャーブ州アムリトサル在住のダルジンダー・カウアーさん(Daljinder Kaur)が72歳で(報道により70歳とも)元気な男の子を出産していた。

画像は『Metro 2019年9月6日付「Woman, 74, becomes world’s oldest mum after giving birth to twins」(Picture: SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)