冨永愛、森星や福士リナらと並ぶ“FNO”ショットに「格が違う」の声

冨永愛、森星や福士リナらと並ぶ“FNO”ショットに「格が違う」の声

冨永愛、森星や福士リナらと並ぶ“FNO”ショットに「格が違う」の声の画像


14日、東京会場となった表参道ヒルズ本館で開催されたFNO東京「第11回FNOセレモニー」には、モデルの冨永愛、森星、福士リナ、女優の柴咲コウ、デザイナーのフィリップ・リム、そして女優でミュージシャンのシシド・カフカらがゲストとして招かれ、クリス・ペプラーがMCを務めた。

冨永は『VOGUE JAPAN』に掲載された高校の制服を着た写真が大きな反響を呼び、その写真を見た海外のファッション関係者に誘われて17歳でニューヨークに単身渡米。エキゾチックな顔立ちと日本人離れした抜群のプロポーションで、あっという間にトップモデルへと駆け上がった。37歳になった現在は、モデルの仕事と並行してチャリティ、社会貢献活動や日本の伝統文化を国内外に伝える活動などに力を入れている。

15日の『冨永愛 ai_tominaga_official Instagram』には、セレモニー出演者との集合写真が投稿されている。「11回目の開催となったこのファッションの祭典は大盛り上がりでした」「この後、名古屋や大阪でも開催するので、チェックしててね」と10月19日に神戸、10月26日に名古屋、11月16日と17日に大阪で行われるFNOにぜひ足を運んでほしい―と呼びかけた。

コメント欄には「愛さんが際立って、際立ってて…ほんっと素敵だあああ」「周りの方々もお綺麗ですが、格の違う美しさ…」「足の見せ方がすごくキレイ。洋服がキレイに見える。さすが!」「なんだこれは、かっこよすぎてヤバイです」「絶対横に並べない」と冨永愛ファンから絶賛の声が届いている。

画像は『Ai Tominaga 冨永愛 2019年9月15日付Instagram「昨夜 #FNO東京 を一緒に盛り上げくれてありがとう」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)