BABYMETAL、YUIMETAL脱退やアベンジャーズを語る「新しい風が吹いている」

BABYMETAL、YUIMETAL脱退やアベンジャーズを語る「新しい風が吹いている」

BABYMETAL、YUIMETAL脱退やアベンジャーズを語る「新しい風が吹いている」の画像


SU-METALは欧米のライブでMCを英語で話すだけにインタビューにも流暢な英語で答え、ここのところ英語が上達したMOAMETALは簡単な受け答えは英語で行い、長いフレーズは日本語で話している。

ニューアルバム『METAL GALAXY』の話題から「他のどのアーティストとも違うようなサウンドを作り出す」ことについてどう思うか問われた。

MOAMETALは「自分への挑戦ができていることがとても嬉しいです。それを観て頂いてお客さんが喜んでくださることが本当に嬉しいので、これからも挑戦し続けたい」という。

『METAL GALAXY』でお気に入りのナンバーを聞かれ、MOAMETALが『PA PA YA!!』と即答すれば、SU-METALは「うーん」と考えてから「アイラブ、おまじない(Oh! MAJINAI)」と答えた。

最近のライブで披露している『PA PA YA!!』は早くも人気曲となり、ミュージックビデオも公開されている。タイの人気ヒップホップシンガー・F.HERO(エフ・ヒーロー)をフィーチャーした楽曲だ。

一方、『Oh! MAJINAI』はスウェーデン出身のパワーメタルバンド・Sabaton(サバトン)のボーカリストJoakim Brod?n(ヨアキム・ブロデーン)をフィーチャーしている。

さらにインタビュアーは2018年10月19日に脱退したYUIMETALに触れ、「YUIについて聞きたいんだ、彼女なしに続けるのはどうなの? 寂しくない?」と踏み込んだ。

SU-METALは英語で「とても難しかったけど、彼女の“departure”(出発・新しい試み)によってSU-METALとMOAMETALの絆はより強くなった」という趣旨を答えている。

振り返れば2017年12月、SU-METALの20歳を記念して地元広島のグリーンアリーナで開催された公演にYUIMETALは体調不良で参加できず、それ以降彼女の具体的な状況は公表されなかった。

2018年5月に米カンザスシティでスタートした『BABYMETAL WORLD TOUR 2018』には、YUIMETALが参加しない代わりに2名のサポートダンサーが出演している。

そうした状況が続くなか10月19日、アミューズ公式サイトでYUIMETALの体調が万全でなく彼女自身「水野由結としての夢に向かって進みたい」との思いがあることを理由に脱退することを発表。その件についてYUIMETAが直接話すことはなく、メンバーが言及することもなかった。

今年の6月28日に行われたBABYMETALの横浜アリーナ公演ではSU-METALとMOAMETALの他に3名の覆面ダンサーが登場、毎回その1人がサポートダンサー“アベンジャーズ”となることが発表された。

『BABYMETAL US TOUR 2019』でもそのパターンでパフォーマンスしており、インタビュアーがその「バックダンサー」についてMOAMETALに問うと「They are the avengers chosen by the FOXGOD」(フォックス・ゴッドが選んだアベンジャーズよ)と答えてから、日本語で「彼女たちが加わってくれることで、本当にBABYMETALに新しい風が吹いていて、毎回の公演で影響を受けている」という。

さらに「私たちも成長できていたらいいなと思うので、その姿をたくさんの人に見て頂けたらと思っているので是非ライブに来てください!」と呼びかけた。

アベンジャーズは元モーニング娘。の鞘師里保、さくら学院の現役メンバー藤平華乃、さくら学院の元メンバー岡崎百々子の3人がそれぞれにBABYMETALのライブでサポートダンサーを務めている。

『BABYMETAL US TOUR 2019』では今のところ鞘師里保(21)、岡崎百々子(16)が登場しており、ファンからは藤平華乃は15歳なので海外ツアーは難しいのではないかという声も聞かれる。

まだまだアメリカでのツアーが続くなか、『METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN』を11月16日・17日にさいたまスーパーアリーナ、11月20日・21日に大阪城ホールで開催する。BABYMETALとアベンジャーズによる相乗効果で成長した姿を見せてくれそうだ。

画像は『Kerrang! Magazine 2019年7月3日付Twitter「@BABYMETAL_JAPAN want to collaborate with @bmthofficial.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)