香り付き電子タバコ歴2年の19歳 肺は「ベーコンの油がべっとり付いた状態」(米)

香り付き電子タバコ歴2年の19歳 肺は「ベーコンの油がべっとり付いた状態」(米)

香り付き電子タバコ歴2年の19歳 肺は「ベーコンの油がべっとり付いた状態」(米)の画像


米ペンシルベニア州エリー在住の19歳のアンソニー・メイヨーさん(Anthony Mayo)は今月8日、気管支炎のような症状で病院を訪ねた。医師に抗生物質を処方されたものの、その2日後に息切れや咳が激しくなり、さらに吸入ステロイド剤を使用して治療にあたった。しかし今月15日、アンソニーさんは呼吸困難に陥り、ミルクリーク・コミュニティ病院の集中治療室に緊急入院した。

アンソニーさんは電子タバコ歴2年で、ブルー・ラズベリーやシナモン・トースト・クランチ、コットンキャンディーなどのフレーバーオイル(リキッド)だけでなく、大麻(マリファナ)の主な有効成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)を含んだ製品も好んで使用していたようだ。

両親は医師から「アンソニーさんの肺は70歳のヘビースモーカーと一緒で、完全に回復するかは分からない」と告げられ、レントゲンの写真を見せられて言葉を失った。アンソニーさんの肺は左肺の80%、右肺の50%がうっ血しており、呼吸がうまくできているかどうかの指標となる酸素飽和度は37%しかなかった。メイヨー・クリニックによると、酸素レベルが90%以下になると呼吸不全となり危険な状態であるという。

医師はアンソニーさんの症状について、次のように述べている。

「ベーコンを炒めるといい匂いがするし、実際のところ味もいい。でも炒め終わった後は、フライパンに白いベーコンのオイルがべっとり付いていますよね。電子タバコのフレーバーオイルでも同じことが起こります。肺をキッチンだと思ってください。こびりついたオイルを全てきれいに拭きとることはできないため、肺の中に少しずつ蓄積されるのです。電子タバコの蒸気と、このオイルが複雑に作用することにより肺の機能が低下し、動悸、息切れ、息苦しさ、そして呼吸困難に陥るのです。」

両親はアンソニーさんの肺のレントゲン写真をFacebookに投稿し、次のように訴えた。

「タバコを吸うよりも安全だし、若者の間で流行っているし、カッコいいとか言って息子は電子タバコを1日に2〜3回使用し、私たちも敢えて止めることはありませんでした。しかし電子タバコの使用で、まさか入院することになるとは思いもしませんでした。」

「息子は苦しみ、闘っています。私たちが今できることは待つことだけ。フレーバー付き電子タバコが危険であることを多くの人に知ってもらいたいと思います。」

なおアンソニーさんの症状は少しずつ改善してきているものの、今も入院中とのことだ。

米国疾病管理予防センター(CDC)によると、アメリカでは9月20日の時点で電子タバコに関連する死者が8人、肺疾患を発症した患者は530人にものぼっており、現在米食品医薬品局(FDA)などがマーケティングや製品の調査に乗り出している。

画像は『Tanya Marie 2019年9月16日付Facebook「A warning for those in denial PLEASE READ」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)