わさびをアボカドと間違えて食べた60歳女性 たこつぼ心筋症に(イスラエル)

わさびをアボカドと間違えて食べた60歳女性 たこつぼ心筋症に(イスラエル)

わさびをアボカドと間違えて食べた60歳女性 たこつぼ心筋症に(イスラエル)の画像


精神的、身体的ストレスにより誘発されるといわれ、震災後に発症数の増加が報告されている「たこつぼ心筋症」は、何の前触れもなしに、胸痛、胸の圧迫感、息切れなどの症状が現れる。1990年に日本で初めて報告されており、心臓の形がたこ漁で使われる?たこつぼ”のような形に見えることが名前の由来だそうだ。また、身内の死や虐待、大病の診断などが原因で起こることもあることから「ブロークンハート症候群」とも呼ばれている。

9月初旬の『BMJ Case Reports』の報告で、結婚披露宴に出席したイスラエルの60歳の女性が、スプーン山盛り1杯のわさびをアボカドだと思って食べた後、たこつぼ心筋症を発症していたことが明らかにされた。イスラエル南部ベエルシェバにあるソロカ・メディカルセンターの医師によると、女性はわさびを食べた後に突然胸の圧迫感に襲われ、胸部と腕の痛みが数時間続いたようだ。

女性は翌日、体調不良や全身倦怠感を訴えて医師の診察を受けた。『IIFLScience』によると医師は当初、心筋梗塞を疑ったが女性の心臓の血管は詰まっておらず正常で、心臓の先端が収縮せずにたこつぼのような形であったことから、たこつぼ心筋症を発症していると結論付けた。

『BMJ Case Reports』は、過去にアナフィラキシー(全身性のアレルギー反応)によってたこつぼ心筋症の発症が確認されたものの、わさびによるものは初のケースだとしている。発症した場合、心不全や重篤な不整脈を合併する場合も稀にあるが、ほとんどは1か月ほどで回復することが多く、この女性は4日間の入院により心臓は正常な状態に戻っている。

ちなみに、辛い食べ物による悲劇は2016年にも起きている。アメリカ人男性が、世界で2番目に辛い唐辛子ペースト「ゴーストペッパー」が塗られたハンバーガーを食べた結果、食道に2.5cmの穴が開き緊急手術が行われていた。

画像は『IFLScience 2019年9月24日付「Woman Mistakes Wasabi For Avocado, Ends Up In Hospital With “Broken Heart Syndrome”」(Shutterstock)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)