藤森慎吾&EXIT“新旧チャラ男”がついに共演 「この組み合わせ見たかった!」ファン歓喜

藤森慎吾&EXIT“新旧チャラ男”がついに共演 「この組み合わせ見たかった!」ファン歓喜

藤森慎吾&EXIT“新旧チャラ男”がついに共演 「この組み合わせ見たかった!」ファン歓喜の画像


藤森慎吾が「アゲぽよ〜」「君かわうぃ〜ね!」を決め台詞に、“チャラ男”キャラで再ブレイクを果たしたのは2011年のことだ。2005年にデビュー、2年目でゴールデン番組や帯番組を持つという異例の速さで大ブレイクしたオリエンタルラジオ。当時は高級マンションに住んだり、外車に乗ったりと派手な生活を送るも、あっという間に彼らのブームは去っていった。仕事が無くなった2009年頃から、藤森は自分らしさを見つけるために日々の生活の中からヒントを得て思い立ったのが“チャラ男”だったという。

当時はチャラ男エピソードを作るため、手当たり次第に女の子にプレゼントしたり、クラブに通ったりと大変だったようだ。後に藤森は、この“チャラ男”キャラについて「タレント業はキャラクターだけでは生きていけないが、それを伸ばす作業を成功させた人がそれなりのポジションにいることができる」と語っている。この“チャラ男”キャラで再び脚光を浴びた藤森は、リズムネタの形を変えた『PERFECT HUMAN』でオリエンタルラジオのコンビとしても復活。そして現在は演技力が認められ、2019年はTBS系金曜ドラマ『インハンド』でエリート官僚役を好演、10月からはテレビ朝日系『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第6シリーズにレギュラー出演するなど、今後は俳優としても活躍が期待されている。

28日の『藤森慎吾(オリラジ)fujimori_shingo0317 Instagram』では、「イェーヒェーポンポーン!!」から始まり「改めて素敵なコンビだな〜と」「ザイマンめちゃくちゃ面白かったぜぇ〜!」「2人のコンビ愛に目からシャンパン」と“チャラ男”キャラを引き継いでいる可愛い後輩のEXITを褒めまくっている。ブレイクの華やかさもどん底の苦しみも経験している藤森は、今のEXITが最も話をしたい存在だったのかもしれない。

フォロワーも「この組み合わせ、早く見たかった笑」「藤森パイセンとEXITのコラボ楽しみすぎます」「藤森パイセンは目からシャンパンなんですね! チャラ男キャラ最強」「ええぇ! ついにガッツリ一緒のお仕事だったんですね! めっちゃ楽しみ」「最&高の3人! チャラ兄さんこれからもEXITをお願いします」「目からシャンパン、鼻からタピオカ! ヒェーポンポン」と、このスリーショットを心待ちにしていたようだ。

画像2枚目は『藤森慎吾(オリラジ) 2019年9月28日付Instagram「イェーヒェーポンポーン!!はじめてEXITと一緒の仕事。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)