「キアヌ・リーブスに失礼すぎる!」 BiSHアイナの直撃インタビューに「人選ミス」の声も

「キアヌ・リーブスに失礼すぎる!」 BiSHアイナの直撃インタビューに「人選ミス」の声も

「キアヌ・リーブスに失礼すぎる!」 BiSHアイナの直撃インタビューに「人選ミス」の声もの画像


アイナ・ジ・エンドは、独特のハスキーボイスで音楽業界から注目されている。また、BiSHの曲の振付はほぼアイナ・ジ・エンドが担当するなど、将来性を感じさせる豊かな才能の持ち主だ。今回“WEニュース”のコーナーMCとしての初仕事は、主演を務める最新映画『ジョン・ウィック:パラベラム』で来日したキアヌ・リーブスへの直撃インタビューである。

「ハロー、初めまして」と緊張気味に挨拶したアイナが「私は“楽器を持たないパンクバンド”というものをやってます。自己紹介してもいいですか?」と言うと、キアヌは「もちろんだ」とうなずいた。すると突然「アイナの雄叫びで、この世も終わり、せーのっ“うぉーーーーーーーーーー! ぽんぽんっ”。BiSHのおくりびと担当、アイナ・ジ・エンドです。よろしくお願いします」と彼女のコールアンドレスポンスを披露。これに最初は反応が無かったキアヌだが、すぐに「なんだって? BiSH?」「かっこいいね」「どんな曲を歌ってるんだい?」と話を広げてくれたのだ。その後も「アクションシーンで何か心がけたことはありますか?」「馬に乗っての戦闘シーンは、キアヌさんがアイディアを出されたんですか?」とアイナが質問すると、キアヌは一言二言ではなく必ずエピソードなどを交えて答えていた。

このインタビューVTRが終わると、『スッキリ』のMC・加藤浩次(極楽とんぼ)が「あんなにキアヌに気を遣わせちゃダメだよ」と真顔だったため、アイナはばつが悪そうな表情を見せる。しかし火曜コメンテーターのロバート・キャンベルが、助け舟を出したのだ。「キアヌ・リーブスは今、アメリカで第二の黄金期を迎えている。ちょっと緩めで親切で、ノリの良いキャラクターが大人気。それがこのインタビューでよく引き出されていて、僕はすごいなぁと思った」と大絶賛したが、「そうかなぁ…」と納得がいかなさそうな加藤であった。

加藤のような感想を持った視聴者は少なくないようで、番組終了後の『日本テレビ スッキリ(ntv_sukkiri)ツイッター』には「キアヌ・リーブスさんに失礼すぎません…? 映画のインタビューなのに…全くもって良さが伝わらなかったです…この子自体の良さはあるのだろうけど、このコーナーには場違いすぎますよ」「申し訳無いんですが、はっきり言ってキアヌに対して失礼過ぎます。これからもハリウッド俳優や監督等にあのような態度や言動でインタビューするんでしょうか?」「加藤さんも山里さんも言っていたように酷かったです。若すぎるのかキャラクター的なものなのかわかりませんが、インタビューできる技量がない」「英語はできるに越したことはないけれど、それより問題なのはどっちがインタビューされる方なのか。視聴者はインタビュアーの自分語りより、キアヌの話を聞きたい」と厳しい声が多く、また「アイドル?のこの方が好き嫌いではなく人選ミスではないかな。採用した人の責任」とアイナだけの責任ではないという意見も寄せられている。

画像2枚目は『BiSHオフィシャル 2019年10月1日付Twitter「【スッキリに新MCとしてアイナが登場!】」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)