幼い妹と弟を殺害した13歳兄「悪魔から2人を解放するため」と主張(米)

幼い妹と弟を殺害した13歳兄「悪魔から2人を解放するため」と主張(米)

幼い妹と弟を殺害した13歳兄「悪魔から2人を解放するため」と主張(米)の画像


米インディアナ州で2017年に当時13歳だったニクラス・ジェイムズ・ケドロウィッツ(Nickalas James Kedrowitz)が、1歳11か月のデジレ・マッカートニーちゃん(Desiree McCartney)と生後11か月のナサニエル・リッツちゃん(Nathaniel Ritz)を殺害したことで先月4日に起訴された。

ニクラスの最初の犠牲者となったのが、異母妹のデジレちゃんだった。『New York Post』によると、当時デジレちゃんの母親クリスティーナ・マッカートニーさん(Christina McCartney)はスティーブン・リッツさん(Stephen Ritz)と婚約中で、ナサニエルちゃんはスティーブンさんの連れ子でニクラスの義弟になる。

2017年5月1日のこと、クリスティーナさんが仕事で外出し、自宅にいたスティーブンさんはナサニエルちゃんの様子を見るためリビングにいる少しの間だけ、当時13歳だったニクラスにデジレちゃんの子守を頼んでいた。ところがスティーブンさんは、ニクラスからデジレちゃんが息をしていないことを聞かされて慌てて救急車を呼んだ。

ちょうどその時にクリスティーナさんが帰宅し、救急車が到着するまでデジレちゃんの心肺蘇生を行った。しかしデジレちゃんは、5日後の5月6日に病院で息を引き取ってしまった。デジレちゃんの遺体は検視が行われたが、はっきりした死因を特定することはできなかったようだ。

そしてデジレちゃんが亡くなった2か月後の7月20日の夜、クリスティーナさんはニクラスにナサニエルちゃんをベッドで寝かしつけて欲しいと頼んだ。だがしばらくして、ニクラスがクリスティーナさんに「何かおかしい! ナサニエルが動いていない」と言い出した。

ナサニエルちゃんはその翌日に病院で亡くなり、デジレちゃん同様に検視が行われたが死因の解明には至らなかった。2人の死因が特定されなかったこともあり、ニクラスの犯行が明るみに出ることはなかったが、その1か月後にニクラスは叔父と叔母の家で自分を引っ掻いた子猫に腹を立て、瀕死の状態になるまで押しつぶして虐待していたことが分かった。

その事実を知ったクリスティーナさんが警察に相談したことで、ニクラスに疑いの目が向けられた。動物を虐待したことで罪に問われていたニクラスだが、警察にデジレちゃんとナサニエルちゃんの死について尋ねられると、最終的に毛布とタオルを被せて2人を窒息死させたことを認めた。

殺害理由について、ニクラスは「神から2人を悪魔と地獄から解放するように啓示があった」と話している。さらに「天使と一緒にデジレちゃんとナサニエルちゃんを地獄の炎から救った夢を見た」とも述べたそうだ。

ニクラスは警察で「2人を傷つけるつもりはなかった。ただ2人を地獄から解放しただけだ」と主張したが、デジレちゃんとナサニエルちゃんの検視報告書には「殺人で鼻口閉塞による窒息死」と書き加えられた。

現在15歳のニクラスは2件の殺人罪で成人同様に起訴され、裁判は2020年の2月18日に開始される予定とのことだ。

画像は『New York Post 2019年9月26日付「Teen accused of smothering siblings wanted to free them ‘from Satan’: prosecutors」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)