とんこつなのにスープが透明 常識破りの“金粉”きらめくカップ麺『透豚骨(すけるとんこつ)ラーメン』

とんこつなのにスープが透明 常識破りの“金粉”きらめくカップ麺『透豚骨(すけるとんこつ)ラーメン』

とんこつなのにスープが透明 常識破りの“金粉”きらめくカップ麺『透豚骨(すけるとんこつ)ラーメン』の画像


このラーメンは、10月2日の「とんこつラーメンの日」に合わせて数量限定で発売されたサンポー食品『透豚骨(すけるとんこつ)ラーメン』。佐賀県三養基郡にあるサンポー食品の設立70周年を記念したラーメンだという。記念のラーメンだけあってパッケージもキラキラと金色があしらわれていて華やかなイメージだ。

フタを開けると、中には麺の他に、かやく、粉末スープ、調味油、そしてなんと金粉がそれぞれ袋に入っている。指示通り、かやくと粉末スープを麺の上にのせて熱湯をかけて待つこと3分。これで調味油を入れればアツアツのとんこつラーメンの出来上がりだ。しかしこのラーメンでは、最後の仕上げに金粉をかけるのだ。カップラーメンに金粉をかけるのは初体験なので、少し緊張しながらラーメンに振りかけてみる。金粉がラーメンの上にキラキラと輝き、高級感も特別感も抜群だ。

金粉の他にもう1つこのラーメンの特徴は、とんこつラーメンなのにスープが透き通っていること。『透豚骨(すけるとんこつ)ラーメン』という名称はきっと「スケルトン」にもかけてあるのだろう。一説では、元来とんこつラーメンは透明感のあるスープだったが、誤って長時間火にかけたことで白濁し、お馴染みの白濁スープが生まれたそうだ。そこでサンポー食品は設立70周年記念として、原点ともいえる透き通ったとんこつスープのラーメンを開発したという。完成までは「透明感が足りない」「とんこつの風味が足りない」など何度も修正が入りながら、とんこつエキスや香辛料などの原料をイチから見直し、味が強い原料に変更することで透明感のあるスープをとことん追究した。調味油には香りが強い特製のポークオイルを使用し、炊き出し感のある香りに仕上がった。

実際に食べてみると、中細ちぢれ麺が歯切れ良く、美しく透明なスープに映える。具の焼豚は想像以上に食べ応えがあり、メンマはシャキシャキとしている。肝心のスープは白濁のスープよりも若干スッキリした味わいに感じた。この透き通ったスープをキラキラ輝く金粉がさらに美しく彩り、箸で取った麺や箸そのものにも金粉がついて華やかに。まさにこれまでに見たことも食べたこともない特別なとんこつラーメンだった。

サンポー食品がとんこつ味のインスタントラーメンの味の基本を確立したのは1959年。今も人気のカップ麺「焼豚ラーメン」は1978年に誕生したというから、さすがは九州、とんこつラーメンに長く歴史ある食品メーカーなのだ。そんななか、原点に戻りつつも新しいとんこつラーメンを生み出したチャレンジ精神が見事だ。
(TechinsightJapan編集部 高沢みはる)