川崎希、ネット上の誹謗中傷明かす 妊娠中に「本当は妊娠していないくせに」「流産しろ!」

川崎希、ネット上の誹謗中傷明かす 妊娠中に「本当は妊娠していないくせに」「流産しろ!」

川崎希、ネット上の誹謗中傷明かす 妊娠中に「本当は妊娠していないくせに」「流産しろ!」の画像


川崎希によると、誹謗中傷の書き込みや嫌がらせ行為が目立ち始めたのは約3年前だといい、初めての妊娠が明らかになった頃からだろうか。3年以上にわたって不妊治療に取り組みやっと妊娠した彼女のもとには祝福の声ばかりではなく、「本当は妊娠していないくせに嘘をつくな」、「流産しろ」といった目を覆いたくなるようなメッセージが毎日届いていたという。さらに出産後には、「子供を虐待している」と子供を巻き込んだ掲示板への書き込みが目立つようになった。その他にも「自宅で待ち伏せをしよう」、「着払いで荷物を送りつけよう」、海外に渡航している時には「放火のチャンス」などと掲示板で呼びかける書き込みもあったようだ。また実際に自分たちが利用しているレストランや店に身に覚えのないクレームを入れられたり、「無銭飲食をしている」、「店のものを盗んでいる」など嫌がらせの書き込みは膨大な数だったという。

先月末に東京地方裁判所で発信者情報開示請求の申し立てが認められた川崎側は今後、所属事務所や顧問弁護士と相談の上、書き込みの内容によって民事、刑事で訴えを起こす予定だと述べている。そして今回、自分たちが起こした行動で「安易に誹謗中傷の書き込みをする人が減ることを望んでいます」、「誹謗中傷に費やす負のエネルギーやその時間を、家族と過ごす時間などに使って欲しい」と川崎は書面を通じて今の心境を明かした。

ちなみに『ノンストップ!』によると、明らかな“嫌がらせ行為”があった場合でも「発信者情報開示請求」が認められるまでに平均6か月、川崎は5か月かかったという。調査費用は少なくとも50万円以上、特定する人数や通信会社の数でさらに多くの費用が必要になるそうだ。
(TechinsightJapan編集部 みやび)