ゆずデビュー22周年、北川悠仁が投稿した“YUZUTOWN”に反響「どゆこと?」「宇宙行くの?」

ゆずデビュー22周年、北川悠仁が投稿した“YUZUTOWN”に反響「どゆこと?」「宇宙行くの?」

ゆずデビュー22周年、北川悠仁が投稿した“YUZUTOWN”に反響「どゆこと?」「宇宙行くの?」の画像


北川悠仁は文字をデザインしたロゴを6つに分割して投稿しており、合わせると「YUZUTOWN」が完成する仕組みである。

インスタや公式Twitterへの反響は「なになに!」、「イライラする」、「どゆこと?」といったコメントから始まり、やがて「ゆずタウン気になる」、「宇宙行くの?」、「めっちゃワクワクしちゃうじゃん」、「こういう悠仁! 大好きだぁ〜」と期待が膨らんでいく。

全国アリーナツアー『YUZU ARENA TOUR 2020』を2020年3月よりスタートすることや、北川が10月15日と20日にインスタでレコーディング風景を投稿していることもあって「新アルバムのタイトル?」、「ツアータイトルかな?」、「アルバムとツアーの名前ですか!? ゆず22周年おめでとうございます」という声が目立つ。

地元横浜市の岡村中学校で同じクラスだった北川悠仁と岩沢厚治は意気投合して一緒に歌謡曲を歌うほど仲が良く、別の高校に進むも卒業後にデュオを結成。バイトの食事会で食べたゆずシャーベットをヒントに「ゆず」と名づけたという。

1997年10月25日にインディーズアルバム『ゆずの素』を発売しており、このたびはインディーズデビューから22周年となる。ちなみにメジャーデビューはミニアルバム『ゆずマン』を発売した1998年2月21日である。

画像2、3枚目は『ゆず北川悠仁 2019年10月20日付Instagram「#レコーディング中 #ブースで #1人で #てんやわんや」』『ゆず公式ツイッター 2019年10月14日付Twitter「本日10月14日は、ゆずのサブリーダー・岩沢厚治の誕生日!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)