内山信二、師匠・明石家さんまに婚約報告も「祝儀は入籍後」と言われる

内山信二、師匠・明石家さんまに婚約報告も「祝儀は入籍後」と言われる

内山信二、師匠・明石家さんまに婚約報告も「祝儀は入籍後」と言われるの画像


内山信二のお相手は「和製ビヨンセか、ちょっとハーフにした渡辺美里さん」似の一般女性だという。27日の『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)では、婚約者の誕生日に行ったタイ旅行で内山がプロポーズした様子が放送されるが、映像には婚約者の姿もあってスタジオ内で「可愛い!」と評判だったもよう。どんな女性なのか、放送が楽しみである。

そんな内山が、25日の『内山信二 meetbowl2929 Instagram』で「久しぶりに大先生に会ってきまし〜た!!」と明石家さんまとのツーショットを公開している。「祝儀は入籍後やで」と言われたそうだが、内山が結婚することを大変喜んでくれたという。先生と生徒役で7年以上も共演していたさんまに会うのは今でも緊張するようだが、「いい報告できてよかった」と内山はホッとしていた。

コメント欄には「ご結婚おめでとうございます」という多数のお祝いメッセージとともに、「息子が結婚するような気持ちだよ! 良かった、ヨカッタ!」、「さんまさんに報告、素敵な関係ですね。なんだかこちらまでホッコリします」、「さんま先生に喜んでもらえて良かったですね」、「これからは二人で仲良く美味しい物を食べて下さいね」と『あっぱれさんま大先生』時代の内山信二を知っているフォロワーは感慨深い思いで明石家さんまとのツーショットを見ているようだ。

画像2枚目は『内山信二 2019年10月25日付Instagram「久しぶりに大先生に会ってきまし〜た!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)