奥田民生“YouTuber”としてヒット曲やテレビ視聴率を語る「みんなが分かっても困るみたいな…」

奥田民生“YouTuber”としてヒット曲やテレビ視聴率を語る「みんなが分かっても困るみたいな…」

奥田民生“YouTuber”としてヒット曲やテレビ視聴率を語る「みんなが分かっても困るみたいな…」の画像


YouTuberをはじめた理由について「YouTubeはスピードの速さがすごい。CDも永遠に続くわけでなく、無くなっていくのは当たり前と思う。前の方が良かったとか言ってられないし、ついて行くしかない」との趣旨で話す奥田民生。スタジオで聞いていた松本人志らは「凄いな」と感心していた。

清塚信也が「曲をヒットさせるという目的でYouTuberをやっているのか?」と質問したところ、奥田は「わりと甘く考えていた…」と今の再生回数ぐらいではほとんど収入にならないことを明かす。

さらに「定額制で聴き放題」などメディアが変化するなか、音楽業界の将来について「CDはなくなるでしょうね。“0”になるんじゃないかって勝手に思ってます。アナログは残りますけどね」という。

彼がYouTubeで配信しているのは手作りの楽器などを演奏してオープンリールデッキに多重録音していく「DIYレコーディング」によるもので、実はアナログへのこだわりをアピールする意味もあるようだ。

そんな奥田民生から「ヒット曲を出してきた身としてテレビ界をどう思う?」との問いに、興味深い答えが返って来た。

松本人志の“お笑い”へのこだわりを用いながら「松本さんのように、人が思わないようなことを言ったり考えたりする人は“100人いたら100人が笑う”っていうのはあまり好きじゃないと思う。でも、視聴率が高いということはそういうことなんで」とたとえる。

「微妙な45人が爆笑したみたいなのが実は良かったりする。みんながみんな分かってもらっても困るみたいなとこがあると思う」「視聴率と内容の良さが結びつかないというのは分かりますし、CDの売り上げとかもそうだと思います」という彼の話に松本も聞き入っていた。

松本がエンディングトークで「YouTuberでお笑いをやっている人たちは、まだテレビのバラエティの影響を受けてという辺りでやっている。これが超えられたら焦るよね」「まだ、そこまでは行ってないかな」とコメントしたことも興味深い。

『奥田民生 STAFF』Twitterで「ご覧頂いた皆さまありがとうございました! 番組中に登場した奥田民生のDIYレコーディングプロジェクト“カンタンカンタビ”はこちら」とYouTube動画を紹介したところ、視聴者から「民生さんの貴重なインタビュー聞けて良かったです 若い頃のユニコーンから好きです 奥田民生あとでじっくりチェックします♪」、「民生さんて一生懸命で真面目な人なんだなて思った」、「民生さんの喋りを見る松っちゃんがなんだかよかった…」などの反響が寄せられている。

ちなみに記者が奥田民生の話から考えさせられたのは、視聴率の捉え方だ。本来はテレビの制作サイドが世間の反響を知るデータとして視聴率を参考にするはずが、昨今は視聴者が視聴率で番組を評価する傾向にある。

奥田が「僕も割とそうかもしれないので、視聴率と内容の良さが結びつかないというのは分かります」と言うように、番組の良さは見る人が面白いと思うかどうかであり、視聴者も十人十色で「微妙な45人が爆笑したみたいなのが実は良かったりする」のではないか。

たとえばNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の視聴率は「歴代大河ワースト」と言われるが、毎回楽しみにしている視聴者には笑ったり感動して涙した人もいるだろう。このようにデータだけで「視聴率が悪いから面白くなさそう」「失敗作だ」と評価して見ていないとすればもったいない。

画像は『奥田民生 STAFF 2019年10月18日付Twitter「【チコちゃんに叱られる】11/1(金)放送のNHK「チコちゃんに叱られる」に奥田民生の出演が決定しました。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)