アンガールズ、吉本芸人の「自分がウケれば良い」が嫌い とろサーモン久保田の態度に、田中が激怒したことも

アンガールズ、吉本芸人の「自分がウケれば良い」が嫌い とろサーモン久保田の態度に、田中が激怒したことも

アンガールズ、吉本芸人の「自分がウケれば良い」が嫌い とろサーモン久保田の態度に、田中が激怒したこともの画像


その企画はパッとしない外見の芸人らが、予想に反してEXILEのダンスを華麗に踊り上げることを求めたものだった。田中卓志をはじめ出演する芸人らは稽古場以外でも練習を重ね、必死にダンスを覚えていったそうだ。しかし久保田かずのぶは全く振り付けを覚えて来ず、真面目にやろうとする態度では無かったという。EXILEが普段使っている稽古場を借り、ダンス指導もEXILEの振り付けを担当している方にお願いしていただけに、久保田の不真面目な態度が原因で練習時間が1時間2時間とオーバーすることも、田中は居た堪れなかったのだ。それでも一生懸命に練習して皆について行けないのなら仕方がないが、久保田の態度には“笑いを自分が全部持っていってやろう”という魂胆が見え隠れし、田中は「ふざけんな!」と怒りつつ説教したそうだ。

このエピソードを10月30日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で披露したアンガールズは、そもそも吉本と自分たちワタナベエンターテインメントは芸人としての気質が違うと話す。山根良顕によると「吉本の人らって、本当に“ウケたらいいや”の人の集まり」なので、協力し合って一つの笑いを作り上げようとする場面ではよく揉めるのだという。ケンドーコバヤシら吉本の芸人は「ウケたら正義」「スベったらアウト」というスタンスだからと軽く受け流すが、山根は「なんかもう“ウケたらいいでしょ”みたいな、あれが凄い苦手」だと愚痴が止まらない。すると「アンガールズの吉本嫌いは直らへんなぁ」と、最後は笑い飛ばすしかないケンドーコバヤシであった。
(TechinsightJapan編集部 みやび)