ジャニーズWEST小瀧望のものまね クマムシ佐藤の動画に反響「マジ遠目から見るとのんちゃん」

ジャニーズWEST小瀧望のものまね クマムシ佐藤の動画に反響「マジ遠目から見るとのんちゃん」

ジャニーズWEST小瀧望のものまね クマムシ佐藤の動画に反響「マジ遠目から見るとのんちゃん」の画像


念を押しておくとクマムシ佐藤がものまねしているのは『決してマネしないでください。』に登場する「工科医大理工学部で理論物理学を学ぶ根っからの科学好きで、恋愛の経験値はゼロ」というキャラクターの掛田理をデフォルメしたもので、ある意味小瀧望の演技をリスペクトしているとも言えるだろう。

佐藤が4日にTwitterで「ジャニーズWEST小瀧望さん主演ドラマ『決してマネしないでください。』のものまねで『掛田氏の高速たまごコツコツ2倍速ver.』です!」「#決してマネしないでください #決して叩かないでください」と投稿した動画には、「マジ遠目から見るののんちゃん」、「ほんと似てるww」、「悔しいけど似てる笑」、「なんだろ、なんか似てるんだよな〜w これからもどんどん真似してください!!」と反響があった。

クマムシ佐藤と言えば菅田将暉に似ていると評判で、再現VTRに菅田役で登場したこともある。そのため小瀧望のものまね画像に「小瀧じゃなくて、3年A組の菅田将暉さんに似てます」という声も寄せられたほどだ。

そんな彼にとって菅田将暉のものまねは自然の流れだったが、それに比べると小瀧望のものまねは一歩踏み出すことになり、芸風を広げるチャレンジとも思える。

一方、小瀧望は日本テレビ系土曜ドラマ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』(2018年1月期)で山田涼介演じる主人公のエリート警察官を助ける警視庁SITのホープ・尾関光希役の印象が強い。

仕事に真面目で恋にも一途な説得のプロフェッショナルという役柄から一転、『決してマネしないでください。』では学生食堂で働く女性・飯島さん(馬場ふみか)に人生で初めて恋するがうまく気持ちを表現できないという、彼にとってこれまでにない役柄を好演している。

掛田理を演じる小瀧望と、それをものまねするクマムシ佐藤大樹。実はチャレンジという部分で通じるものがあるのかもしれない。

画像2枚目は『佐藤大樹 2019年10月26日付Instagram「本日11月26日スタートの新ドラマ、ジャニーズWEST小瀧望さん主演『決してマネしないでください。』のマネしてみました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)