紅白を席巻する坂道シリーズ “N・H・K”に気づいた宮川一朗太「凄すぎるな」

紅白を席巻する坂道シリーズ “N・H・K”に気づいた宮川一朗太「凄すぎるな」

紅白を席巻する坂道シリーズ “N・H・K”に気づいた宮川一朗太「凄すぎるな」の画像


欅坂46の妹分的なアンダーグループとして2015年11月30日に誕生した「けやき坂46」は“ひらがなけやき”と呼ばれて人気があり、今年2月11日に「日向坂46」への改名が発表されて欅坂46から独立したグループとなった。

令和初となる今年の『紅白』紅組には昨年と同じく48グループからAKB48、K-POPからTWICEが出場するなか、坂道シリーズからは昨年の乃木坂46、欅坂46に日向坂46が加わり勢いを見せつけた形だ。

宮川一朗太は自身のTwitterで「そっか…今ごろ気づいた」とつぶやき、「N 乃木坂」「H 日向坂」「K 欅坂」とイニシャルを並べて「NHK」になることを示してから「これを見越して名付けたのだとしたら、凄すぎるな…」と感心した。

彼のツイートには「改名した時から言われてましたw」、「N 乃木坂 H ひらがなけやき K 漢字欅 以前の通称でも成り立つことにも気づきました」、「吉本坂(Y)もあります」などの反響が寄せられている。

宮川一朗太と言えば、AKB48の武藤十夢と家族ぐるみのつきあいをする間柄だ。また、SKE48の松井珠理奈とは今年の5月26日に中京競馬場で開催された日本ダービー関連イベント『初心者でもわかる「ビギナーズセミナー」』で共演した。

そんな宮川だが、実は2017年10月期にテレビ東京で放送されたけやき坂46の初主演ドラマ『Re:Mind』に教師役で出演しており、それ以来のファンだという。14日には日向坂46の『紅白』出場を知って「ついに。ついに! ここまで来たぞぉーっ!!」とハイテンションでツイートしたほどである。

15日のつぶやきにはフォロワーから「AKB48も紅白出場決定したので武藤十夢ちゃんに『おめでとう』の言葉をお願いします」という声もあったが、伝える時はどのような気持ちだろうか。

画像1枚目は『日向坂46 2019年11月13日付Twitter「本日11月13日(水)19時〜放送の読売テレビ・日本テレビ系列「ベストヒット歌謡祭2019」に日向坂46が出演し、「キュン」をパフォーマンス致します」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)