ゾフィー、腹話術人形“ふくちゃん”に食われる? 上田航平「活かし方が分からない」サイトウナオキ「自分の役割無くなった」

ゾフィー、腹話術人形“ふくちゃん”に食われる? 上田航平「活かし方が分からない」サイトウナオキ「自分の役割無くなった」

ゾフィー、腹話術人形“ふくちゃん”に食われる? 上田航平「活かし方が分からない」サイトウナオキ「自分の役割無くなった」の画像


11日20日放送の『水曜日のダウンタウン』で説教をする先輩が仕掛け人、説教を受ける後輩をターゲットとした「説教シリーズ」のドッキリ企画に登場したゾフィー&ふくちゃん。テーマは「腹話術師に説教食らってるとき、人形も加勢してきたらさすがにそこはツッコむ説」。緊張感のある状況で人形が喋り出すというゾフィーのネタにヒントを得た企画であり、ふくちゃんをより多くの人に知ってもらえるチャンスだ。

ターゲットは事務所の後輩ピン芸人・本多スイミングスクール。ゾフィーいち押しの後輩として番組(偽)に出演することになった―と事前にネタをチェックするという名目で彼を呼び出し、そこにふくちゃんも同席させた。本多の披露したネタは2年前に作ったもので彼の自信作だったが、ゾフィーの反応は今一つである。そこに電話がかかってきたため相方のサイトウナオキは席を外し、部屋には本多スイミングスクールと上田航平、ふくちゃんだけとなった。

そして本多への説教タイムがスタートする。無表情で「なんか、ふざけた、前から…ずっと擦っているようなネタをさ、やられたら嫌じゃん」と説く上田の横で、ふくちゃんが瞬きをしたり口を開けたりしている。続けて「(本多と)一緒にやりたくないし、薦めたくもない」と吐き捨てる上田に、「ホントにそうだよ」と加勢するふくちゃん。いきなり人形に説教されて思わず笑ってしまった本多に、「何笑ってんだよ」と怒る上田。ここからはふくちゃんの独擅場となり「こっちの目見て話せっつってんだよ」、「新しいことに挑戦しろよ!」と説教は熱を帯びるも途中から人形は机の上に放られ、上田はふくちゃんの声のまま「新しいことやんないとしょうがないだろ!」「笑ってんじゃねえよ!」と捲し立てた。

ツイッター上では、このふくちゃんの口の悪い説教が大好評で「こんなに怒ってるふくちゃんさん初めて見ました。それに反して腹を抱えて笑ってしまいました」、「ふくちゃんめっちゃ可愛いかったです」、「水ダウのふくちゃん面白かった! もっと見たくなっちゃうな」、「もう完全にふくちゃんが一人歩きしてる」などと絶賛されている。

しかし19日に放送された『しくじり学園 お笑い研究部』(AbemaTV)では、最近はふくちゃんとゾフィーがセットで呼ばれることが多くなったが、上田は「ふくちゃんの活かし方がわからない」、サイトウは「(ふくちゃんがいることで)自分の役割が無くなってしまった」と相談していた。特に慣れないフリートークを求められるバラエティ番組では、ふくちゃんを動かしていると上田の話す内容がめちゃくちゃになり、反対に自分の喋りに集中するとふくちゃんが微動だにしなくなってしまうのだ。

そこで先輩芸人からは「上田は自分を捨てて、ふくちゃんの黒子に徹する」、「ふくちゃんとサイトウをコンビに」、「ふくちゃんがチャレンジして、リアクションをとる方が新鮮」、「ふくちゃんを毒舌を吐くキャラにして、サイトウと掛け合いを作る」というアドバイスがあった。ゾフィーのコントに使用する小道具の一つであった腹話術人形のふくちゃんが、今では3人目のメンバー的な存在になっている。

画像2枚目は『ゾフィー 上田航平 2019年11月20日付Instagram「がっつり企画であざました!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)