橋本マナミの結婚を松井珠理奈が祝福 今年は“憧れの先輩”2人がゴールイン

橋本マナミの結婚を松井珠理奈が祝福 今年は“憧れの先輩”2人がゴールイン

橋本マナミの結婚を松井珠理奈が祝福 今年は“憧れの先輩”2人がゴールインの画像


橋本マナミは結婚発表のメッセージに「20代後半で強烈なキャッチコピーを頂いたとき」から“女性”としての幸せより“芸能人”としての活躍を選んだとの趣旨を明かしている。13歳、中学1年生の時に『第7回全日本国民的美少女コンテスト』で演技部門賞を受賞して芸能界デビューしており、小学6年生でSKE48に入った松井珠理奈とはお互いにシンパシーを覚えるのではないか。

橋本の言う“強烈なキャッチコピー”とは「平成の団地妻」、「愛人にしたい女No.1」、「国民の愛人」のことだろう。

松井珠理奈はそんな先輩の魅力を「美しさと色気と可愛さ、全部持っているマナミさんは憧れの女性です」と称賛して「早く会いたいなぁ♪ 色気を分けてもらわないと」とつぶやいた。

それに対してフォロワーから、「マナミ姉さんおめでとうございます」、「それ以上色気をおすそ分けしてもらったら直視できなくなっちゃうよ」、「珠理奈はこのままでいいの。これ以上に色気を増やしたらドキドキしすぎて死にますから」などの反響が寄せられている。

そんななか「今年はまりこ様といい珠理奈ちゃんの周り結婚する人多いねぇ」という声も見受けられた。

橋本マナミは「30代半ばになり、結婚を意識した時、私のこれまでの人生も肯定しつつ、仕事を理解し、将来を共に歩める素敵な方と出会いました」という。

思えば篠田麻里子も32歳で結婚しており、松井珠理奈が憧れの先輩2人を見習うならばそのような結婚をイメージしているかもしれない。

松井の祝福ツイートに橋本マナミが「珠理奈ちゃんありがとう また会いたいね」と応じており、まずは再会して色気を分けてもらう日が楽しみだ。

画像2、3枚目は『松井珠理奈(ハリウッドJURINA) 2019年11月27日付Twitter「事務所アービングの先輩、橋本マナミさんご結婚おめでとうございます」「マナミさんとの懐かしい写真」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)