浜辺美波『世界で最も美しい顔2019』で二重の喜び 出演作が石原裕次郎賞の朗報も

浜辺美波『世界で最も美しい顔2019』で二重の喜び 出演作が石原裕次郎賞の朗報も

浜辺美波『世界で最も美しい顔2019』で二重の喜び 出演作が石原裕次郎賞の朗報もの画像


今村昌弘さんのミステリー小説を実写化した映画『屍人荘の殺人』(12月13日公開)は、神紅大学のミステリー愛好会に所属する主人公・葉村譲(神木隆之介)と明智恭介(中村倫也)、そして謎の美人女子大生探偵・剣崎比留子(浜辺美波)が前代未聞の連続殺人事件を推理によって解決しようと奮闘する姿を描いていく。それで「全 #ミス愛 会員納得」と表現したのだろう。

マネージャーによる投稿には、浜辺美波ファンから「ノミネートおめでとうございます 私の中ではぶっちぎりです」、「世界がやっとべーやんを見つけた!」、「美しさに気付くのが遅い位でしたね」といった祝福が多数寄せられた。

実は時を同じくして『浜辺美波』公式Twitterで、彼女がヒロイン役を演じた映画『アルキメデスの大戦』が第32回日刊スポーツ映画大賞の石原裕次郎賞を受賞したとの情報を受けて「みなさんおめでとうございます!!」とツイートしており、浜辺美波にとっては二重の喜びとなった。

『世界で最も美しい顔100人』はアメリカで暮らすイギリス出身の「TC Candler」という男性の映画評論家が、世界の女優やモデルを対象に個人の主観で選んで毎年発表しているランキングで、1990年から続いている。このたびの発表では乃木坂46の白石麻衣やAKB48の込山榛香、グラビアアイドルの林ゆめなどもノミネートされた。

ちなみに先日、『Twitter』公式アカウントが発表した『2019 世界で話題になった役者』10人には日本人から唯一、橋本環奈が8位にランクインして話題になったばかりだ。こうして日本の女優やアイドルが世界から注目されるのは喜ばしい。

画像は『TC Candler 2019年12月12日付Instagram「MINAMI HAMABE」「MAI SHIRASHI」「HARUKA KOMIYAMA」「YUME HAYASHI」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)