『いだてん』最終回に手塚治虫の娘・手塚るみ子が実感「もう視聴率で判断する時代じゃない」

『いだてん』最終回に手塚治虫の娘・手塚るみ子が実感「もう視聴率で判断する時代じゃない」

『いだてん』最終回に手塚治虫の娘・手塚るみ子が実感「もう視聴率で判断する時代じゃない」の画像


『いだてん』最終回は、1964年10月10日に国立競技場で行われた東京オリンピック開会式を中心に描かれた。開会式が始まる前に、まだ誰もいないスタンドで田畑政治(阿部サダヲ)と金栗四三(中村勘九郎)が再会。嘉納治五郎(役所広司)の言葉から聖火リレーを諦めきれない金栗が、田畑から最終ランナーに選ばれた青年・坂井義則(井之脇海)を励ますシーンは見応えがあった。

一方、後半からは志ん生(ビートたけし)のもとを飛び出した五りん(神木隆之介)が聖火ランナーの話を受けて参加、最終ランナー坂井が聖火に点火するところを見届けてから、『富久』を諳んじながら志ん生の高座を目指すくだりになる。

『いだてん』がスタートした当初はオリンピックを巡る嘉納治五郎と金栗四三の話に、時代を前後して志ん生や五りんのシーンが絡むので場面を追うのに忙しかったが、最終回でその布石に納得できた。脚本を手掛けた宮藤官九郎らしい「オリンピック」と「落語」をコラボさせた展開で見事に幕を下ろした形だ。

最終回では東京オリンピック開会式当日に志ん生が高座に上がり、『富久』を演じて満席となる。『大河ドラマ「いだてん」』Twitterでは15日に、演出した井上剛さんが「実際の出来事で、この事実を知ったことがもとになり『富久』がドラマの鍵を握る重要な核となりました」との趣旨を明かしている。

ちなみに手塚るみ子さんが「そっか、五りんの子とは同級生ってわけだ」というのは、神木隆之介演じる五りんではなく「1964年生まれの子」に向けたもので、彼女の投稿には「1965年早生まれなので学年一緒です」、「私は5歳でした。鉄腕アトムもみてました!」などの反響があった。

ただ彼女は、「五りんの子」とはいえ東京オリンピック開催年に生まれたのだからよく分からず「それが、『いだてん』のおかげで自分がどんな東京に生まれたのかようやくイメージできるように。今まで以上に特別に思える1964年。ありがとういだてん」という。

最終回から一夜明けて手塚るみ子さんが、Twitterのタイムラインで視聴者の盛り上がりを見て「視聴率云々で貶めたメディアもあったけどこの時代もう視聴率なんかで判断する時代じゃないだろうに」とつぶやいたのは実感だろう。

フォロワーからは「自分の『どストライク』にハマったらそれだけで幸せですもんね…視聴率より満足度、満足度率も調べて欲しいですねー」、「視聴率重視で番組を作るからチャンネル変えられないようにするテクニックばかりで、どんどんつまらなくなってる気がします」などの声が寄せられた。

画像は『手塚るみ子 2019年12月15日付Twitter「1964年、東京オリンピック年の自分。親父様に抱き上げられて。」』『神木隆之介 2019年12月15日付Twitter「大河ドラマ『いだてん』観ていただき、ありがとうございました!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)