立川志らく、木村拓哉がどこでもドアで行きたいのは「新しい地図がいるところ」

立川志らく、木村拓哉がどこでもドアで行きたいのは「新しい地図がいるところ」

立川志らく、木村拓哉がどこでもドアで行きたいのは「新しい地図がいるところ」の画像


木村拓哉がアニメ『映画ドラえもん のび太の新恐竜』にゲスト声優として出演することから行われた取材で、「欲しいひみつ道具」を聞かれて「アンキパンも欲しいけど、セリフをそれで覚えてると思われると悔しいから、どこでもドアかな…」といった趣旨を話した。

16日放送の『グッとラック!』でその件を取り上げて、「じゃあ師匠! 木村さんはどこでもドアでどこに行きたいと思いますか?」と聞いたところ、立川志らくは「う〜ん、新しい地図の皆がいるところだろう」「元気かい、みたいな」と答えたのである。

視聴していたSMAPファンが、Twitter上で「え? 志らく師匠…キャスターに訊かれて、“新しい地図のみんなのいるところ?”って…答えてくれた! ありがとうございます〜」「志らく師匠は2016年のあの最悪な時期もSMAPのこと無責任に悪く言わなかったけど、自分の番組持つ立場に変わっても忖度しないで下さるのありがたい」と投稿したところ、他のファンからも「志らく師匠はSMAPファンの味方だ」と反響があった。

2016年12月31日にSMAPが解散して以降、木村拓哉と中居正広はジャニーズ事務所に残り、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人はジャニーズを退所して新しい地図として活動をはじめた。しばらくは地上波テレビで「SMAP」を口にすることすらタブーとされるような雰囲気だったが、最近になってようやく暗黙の縛りが緩んできたようだ。

昨年から新しい地図が地上波テレビに出演する機会が増え、大晦日の日本テレビ系年末特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」』や新年1月2日に放送されたテレビ東京系『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』といった大型バラエティに稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が出演した。

また、元日にAbemaTVで生放送された稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のレギュラー番組『7.2 新しい別の窓 #22 元日SP』のなかでは、香取慎吾が『グランメゾン東京』で主演した木村拓哉が役柄で見せる“三ツ星ポーズ”を真似ている。

ちなみに志らくは、9日に「木村拓哉さんをグッとラックファミリーだとは実におこがましいが二度もでてくれたから 新しい地図の皆様もSexy Zoneのケンティーも志らくファンの佐藤勝利くんもお待ちしております」とツイートしている。これに対しフォロワーから「中居くんも宜しくお願いします」との返信があると、「そうなんです、これだけバラエティに出ているのに中居くんとはご一緒したことがない。こうなれば金スマに呼んでもらうしかないぞ!」と応じていた。

画像は『志らく 2020年1月12日付Twitter「志らく一門で国山はせんさんと。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)