近藤春菜「東出さんの“苦しい”はどうでもいい」に共感の嵐 「言いたいこと全て言ってくれた」

近藤春菜「東出さんの“苦しい”はどうでもいい」に共感の嵐 「言いたいこと全て言ってくれた」

近藤春菜「東出さんの“苦しい”はどうでもいい」に共感の嵐 「言いたいこと全て言ってくれた」の画像


22日に「週刊文春デジタル」で離婚危機が報じられた俳優の東出昌大。同日夜には所属事務所がマスコミ各社に書面でコメントを寄せたが「今回の記事に関して本人に確認いたしましたところ、書かれている事柄はほぼ事実と判明しました」と報道を認め、別居については「離婚へ向かうものではない」としている。

また「現在、本人はこのような事態になったことに対して責任の重さ、失ったものの大きさを実感しひたすら後悔に苛まれ苦しんでおります」と東出の現状を説明している部分があり、ここに近藤春菜は異論を唱えた。

第3子を妊娠中に不倫が発覚していることを踏まえ「一番苦しかったのは杏さん」、「キツイ言い方ですけど、(東出は)自業自得」だとバッサリ。続けて「事務所が出したコメントですけど、東出さん側から“苦しんでいる”という表現をして欲しくなかった」、「東出さんが苦しいっていうのは、どうでもいい」と、およそ3年間不倫を続けていた本人の心の痛みを伝えようとしている文面に違和感を覚えたとしている。

この近藤の発言は多くの視聴者だけでなく、これを報じたネットニュースの読者からも多くの共感を得ている。「春菜のコメントが100点。本当にそれなんだよ、自業自得のくせに、私も苦しいんです、分かって下さい―みたいなのエゴでしかねえから」「正論すぎて拍手。不倫したくせに苦しんでるなんて都合良すぎ。妻子を失ってもいい覚悟があったから不倫したんじゃないの?」「本当に神すぎて読んでて涙が出そうだった」「近藤春菜のコメントにスッキリ、さすがスッキリ。苦しいのは“お前じゃない”」「言いたいこと全て言ってくれてる最高。好きになりそう」「最近、近藤春菜のコメントすごく共感することが多い、スッキリ前まで嫌いだったけど最近見とる」とツイッター上は賛同の声が溢れていた。
(TechinsightJapan編集部 みやび)