おぎやはぎ小木、東出昌大は「反省させるから、俺が」 ドランク鈴木の過去に触れ「アイツも一回魔が差した」

おぎやはぎ小木、東出昌大は「反省させるから、俺が」 ドランク鈴木の過去に触れ「アイツも一回魔が差した」

おぎやはぎ小木、東出昌大は「反省させるから、俺が」 ドランク鈴木の過去に触れ「アイツも一回魔が差した」の画像


おぎやはぎがパーソナリティを務めるTBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』において、典型的なリスナーで通称“クソメン”として認定されている東出昌大。かつてその事実を知らなかったおぎやはぎが「聴いているわけがない」と放送中に語った際、東出は妻の杏と2人でラジオを聴いている様子をリアルタイムでメール送信したこともある。

23日に放送された同番組の冒頭で東出の不倫に触れた2人は、その際の写真を思い出し「俺、今あれ見たら泣いちゃうよ」「クソメン不倫しやがってさぁ」と悔しさを吐露。矢作兼が「顔がカッコいいだけなんだなぁ」とため息をつくと、小木博明も「顔がカッコよくて背が高いクソメンだからタチが悪いな」と返し、東出の軽率な行動を批判した。

一方で、「チャラチャラしてるタイプではないと思う」と東出の人柄を推察し「心を入れ替えて欲しい」と更生を願ったおぎやはぎ。「杏ちゃんのほうが辛いんだよ、もちろん」としながらも「許してあげて欲しいね、クソメンってことで。本当に申し訳ないけども」と2人の復縁を望んでいるようだった。

特に小木は、何とか東出をフォローしてあげたかったようで「反省させるから、俺が」と宣言。「これはね、名前出すのもあれだけど、鈴木拓みたいなもんだから」と思わずドランクドラゴン・鈴木拓を引き合いにだすと、矢作から「拓に超怒られるよ(笑)」「誰ももう覚えてないし、何のニュースにもならないのに」と即ツッコミを入れられていた。

思わぬとばっちりを受けた鈴木だが、2016年に一部週刊誌で“美女とのディズニーランド不倫”が報道されたことがある。鈴木は出演番組で浮気を否定し、妻から“外出禁止令”が出ていることを明かしていたが、まさかの形で蒸し返されることとなってしまった。

ちなみに鈴木の名を出した理由に関して、小木は「真面目な奴」「一回だけ魔が差した」「初めて好きになった人と結婚して、初めての女性ですから、やっぱ結婚した後に遊びたくなるんですよ1回は」「凄い反省して、もう一切やってないからね」と真面目な人柄を力説。ただ鈴木は決して一線を越えなかったそうで、3年間も不倫を続けていた東出とはかなり異なる。矢作も「顔面のレベルが違い過ぎて」「拓よりははるかにモテるから」と再び厳しい指摘が入っていた。

とはいえ「それぐらいクソメンなのかなって感じがする」と、最後まで東出の真面目な人間性を信じ続けた小木。矢作も「オープニングの謝罪の枠は一応あげるよ」と謝罪の機会まで提供すると語っていたが、夫婦の修復不可能な現状を見るとその実現はなかなか厳しいのかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)