バービー、中学生の頃から「顔中でっかいニキビだらけ」 “クレーター肌”との長い闘い明かす

バービー、中学生の頃から「顔中でっかいニキビだらけ」 “クレーター肌”との長い闘い明かす

バービー、中学生の頃から「顔中でっかいニキビだらけ」 “クレーター肌”との長い闘い明かすの画像


バービーは、中学2年生頃からニキビに悩み始めた。多くの人が経験する“思春期ニキビ”だったが、彼女の場合は表皮内の浅い部分ではなく「1cmくらいの深さの膿が溜まる“でっかいニキビ”が活火山のようになっていた」と、1月31日公開のYouTube『バービーちゃんねる』で語っている。「一回膿が出たらとめどなく」「顔が熱を持っていた」という深刻な状態は、高校を卒業するまで続いたそうだ。相当悩んでいただろうが病院には行かせてもらえず、炎症が治まっても「それが全て“クレーター”になりました」という。ここから“クレーター肌”との長い闘いが始まった。

高校卒業と当時に地元・北海道を離れ、東京の大学に進学したバービーだったが、顔はクレーターのように凸凹し、治ったと思ったニキビが今度はUゾーン(顎、口周り)や胸元、背中にできる大人ニキビに悩まされたとのこと。この時はホルモンバランスの乱れを整えるためにピルを服用し、ようやく“バビたんのニキビ人生”は終わりを告げたそうだ。

しかし“クレーター肌”のままだったので改善しようとあらゆる手段を試したが、なかなか効果を実感できるものに出会わなかったという。だがやっと自分と同じ凸凹した肌に悩む人に勧められる方法が見付けられたそうで、『バービーちゃんねる』で詳しく報告している。

動画のコメント欄には「バービーさんの話は整理されててすごく聞きやすい!! そして賢い! 詳しい! 目から鱗です!!」「私も悩んでるから、めっちゃ共感だし分かりやすかった」「クレーターを治すのに、ホントに努力されて、今があるんですね」「こういうお話ずっと聞きたかったです」「私も中学生の頃にニキビが顔中に化膿して以来、十数年間ずっとそのまま顔中にできた目につくクレーターに悩まされてるので、バービーちゃんに色々教えていただけるの本当にありがたいです」と感謝の声が多数寄せられている。

(TechinsightJapan編集部 みやび)