不倫問題で“された方”に寄り添う近藤春菜、鈴木杏樹の「独り身になるつもりと聞いた」に疑問

不倫問題で“された方”に寄り添う近藤春菜、鈴木杏樹の「独り身になるつもりと聞いた」に疑問

不倫問題で“された方”に寄り添う近藤春菜、鈴木杏樹の「独り身になるつもりと聞いた」に疑問の画像


『スッキリ』では5日の「週刊文春デジタル」の記事について、鈴木杏樹と喜多村緑郎が事務所を通じて出したコメントを紹介した。鈴木は喜多村から「独り身になるつもりでいる」と言われていたとしながらも「まだお別れが成立していない現状、今回の軽率な行動を真摯に反省し、今後皆さまにご迷惑をお掛けすることのないよう慎みます」と説明。また喜多村は「鈴木杏樹さんと、わたくしに関して報道されている内容は事実です」と認め、「今回の出来事は全てわたくしの責任です」と妻とその家族、仕事関係者や鈴木側にも謝罪している。

加藤浩次(極楽とんぼ)から「春菜、いかかでしょう?」と意見を求められると、「(不倫については)当事者の問題ですし。外から言う筋じゃない」と前置きし、近藤春菜一個人としての見解を話し始めた。「杏樹さんの“独り身になるつもりでいる”という部分は、私は書かなくては良かったのではないか」とし、これを書くことによって相手の妻である貴城けいをさらに傷付けたのではないか―と危惧する。もちろん喜多村の夫婦関係が破綻していないのなら、このような説明を彼女にするのは問題がある。しかし今、鈴木と喜多村が一番にすべきことは“奥様をこれ以上傷付けず、謝罪することだ”と近藤は慎重に、言葉を選びながら語っていた。

近藤は東出昌大の不倫問題を同番組で取り扱った際も、彼の所属事務所による「現在、本人はこのような事態になったことに対して責任の重さ、失ったものの大きさを実感しひたすら後悔に苛まれ苦しんでおります」というコメントに異論を唱えていた。妻の杏が第3子を妊娠中に不倫が発覚していることを踏まえ、「一番苦しかったのは杏さん」、「東出さん側から“苦しんでいる”という表現をして欲しくなかった」、「東出さんが苦しいっていうのは、どうでもいい」とバッサリ。このように近藤は、不倫された側に寄り添う発言を貫いている。

ツイッター上では「不倫報道が出た時、どの番組よりも群を抜いてまともなことを言うのはいつも近藤春菜さんだよなぁ」「ハリセンボンの近藤春菜さん本当に素敵、代弁して頂きありがとうございます」「鈴木杏樹は保身のためでも言っちゃいけない言い訳だった。不倫相手から初めて聞かされる妻の身にもなってよ」「わたしも同感。相手のせいにしようとしてるな。残念だよ」「ハリセンボンの春菜って本当に人に気遣う人だよな。周りに人が集まるのわかる気がするな」と近藤のコメントに賛同する声が多数見受けられた。
(TechinsightJapan編集部 みやび)