フワちゃん、元貴乃花親方に「あどねー、ボクねー」をやらせて「似てなーい!」

フワちゃん、元貴乃花親方に「あどねー、ボクねー」をやらせて「似てなーい!」

フワちゃん、元貴乃花親方に「あどねー、ボクねー」をやらせて「似てなーい!」の画像


11日放送のトークバラエティ特番『バナナサンド』(TBS系)にMCのバナナマン、サンドウィッチマンと同世代になる貴乃花光司氏がゲストで登場した。15歳で藤島部屋に入門し相撲一筋だった貴乃花氏のために“角界に入っていない場合の青春”を体験してもらう企画を用意し、そのメニューは「友達とカラオケで遊ぶ」「当時大流行した服を着る」「女友達と遊ぼう」「生まれて初めての回転寿司」の4点だった。貴乃花氏は90年代半ばに大人気だったいしだ壱成や武田真治っぽい“フェミ男”ファッションに着替えさせられ、その格好でフワちゃんに合わせたハイテンションで写メや動画を撮ったりしたのだ。

「おはぴよ〜! フワちゃんで〜す」「あ、貴乃花だ」と指を差す彼女にバナナマンやサンドウィッチマンはハラハラしているが、本人はニコニコして嬉しそうだ。一緒に色々なポーズを取りながら多数のツーショットを撮った後、「フィルターかけてストーリー撮らない?」とフワちゃんの提案で貴乃花氏はセーラームーン風に変身させられた。ついには「テンション上がってきたから、YouTube撮る?」と2人は本格的な動画撮影に入る。「おはぴよ〜、た、貴乃花で〜す!」と挨拶をさせられた後、日村勇紀(47)の得意芸である「あどねー、ボクねー」で始まる“子供の頃の貴乃花”をやるようにフワちゃんから指示が出された。貴乃花氏は戸惑いながらも一生懸命に披露したが、「似てなーい!」とフワちゃんから完全否定されてしまう。またMC4人も加わり古今東西ゲームをやったのだが、貴乃花氏が負けてしまい“フェミ男”ファッションのまま四股を踏まされていた。

フワちゃんの無茶ぶりに機嫌よく応えていた貴乃花氏だったが、MCのサンドウィッチマンの2人と日村は若干引き気味であった。ただ設楽統(46)だけは「超おもしれ〜」と貴乃花氏とフワちゃんのやり取りを楽しんでいた。1月20日の『フワちゃん FUWA(fuwa876)ツイッター』には、同番組の収録時に撮られたと思われる設楽とのツーショットが投稿されている。他のMC3人との写真はないが、「設楽さんと絡んだ! おもしろすぎ」とフワちゃんは満足そうだ。

画像は『フワちゃん FUWA 2020年2月11日付Twitter「バナナサンド見てくれた人ありまと」、2020年1月20日付Twitter「設楽さんと絡んだ」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)