ロッチ中岡、ホッケーの公式アンバサダー就任も「もっと話題にならないと申し訳ない」

ロッチ中岡、ホッケーの公式アンバサダー就任も「もっと話題にならないと申し訳ない」

ロッチ中岡、ホッケーの公式アンバサダー就任も「もっと話題にならないと申し訳ない」の画像


中岡創一は中学・高校とホッケーをやっており、Twitterのプロフィールでも「特技陸上ホッケーです」と紹介しているほどだ。

彼は2013年12月頃からTwitterで、ホッケー部で頑張る学生たちを「今頑張ったら東京オリンピック夢ちゃうで本気でホッケーがんばってや!」と激励するなど、以前から情熱を溢れさせてきた。

2013年12月31日には「ホッケーをもっとメディアに発信していただきたいです!」と寄せられた願いに、「よし! 2014年は皆でフィールドホッケーがメジャーになるように頑張ろうよ! 東京オリンピックでホッケーが沢山の人に応援してもらえるように! 女子サッカーがいい見本や」と応じた。

その言葉通りバラエティ番組を中心にホッケーをアピールしてきた努力が実って、2017年7月2日放送の『イッテQ!』のなかで自身がホッケーの技を披露すれば、同年12月2日には『炎の体育会TV』でさくらジャパンとの共演でホッケーを紹介したりと露出が増えてきた。

昨年は5月12日にテレビ東京で初冠番組『独占!中岡スポーツ 〜クイズでわかるホッケー〜』が放送され、さくらジャパンと共演。8月1日には人気番組『アメトーーク!』の「スポーツ推薦芸人」で「ロッチ中岡は、ホッケーのスポーツ推薦を勝ち取るほどの腕前。中学時代に奈良県選抜チームにも選ばれたことがあり、高校時代は坊主頭でプレーしていた」と紹介された。

そんな彼は2016年8月25日にホッケー女子日本代表さくらジャパンから「中岡さんへ」のサインをもらって、Twitterで「宣言します! 中岡は東京オリンピックそしてさくらジャパンの非公式サポーターです!」とツイートしていた。

このたび晴れて公式アンバサダーに就任したわけだが、それだけホッケー愛が強いだけに「僕が任命されたニュースがもっともっと話題にならないと申し訳ないです」と責任を感じており、「初めて言います。『拡散お願いします!』」と訴えたのである。

彼の投稿に、フォロワーから「私も高校時代にホッケーしてました!! 当時県内にホッケー部が3校しかなく、常に表彰台でした(笑)中岡さん、ホッケーがメジャーなスポーツになるよう頑張ってください!!」や「おめでとうございます NGT48がいつもお世話になっているので拡散します」などの反響があり、いろいろな形で広くホッケーが知られることになれば公式アンバサダーとして役割を果たせそうだ。

画像は『ロッチ中岡 2017年12月2日付Twitter「今日19時〜TBS『炎の体育会TV』でさくらジャパンと三四郎と僕でホッケーやってます。」、2020年2月18日付Twitter「めちゃくちゃありがたい事にフィールドホッケーのアンバサダーに任命していただきました!!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)