橋本環奈や乃木坂46が献血を呼びかけ、街では「献血見たことないくらいすごい人」の声も

橋本環奈や乃木坂46が献血を呼びかけ、街では「献血見たことないくらいすごい人」の声も

橋本環奈や乃木坂46が献血を呼びかけ、街では「献血見たことないくらいすごい人」の声もの画像

新型コロナウイルス感染拡大により予定していた献血会場での実施が難しくなっており、日本赤十字社によると献血協力者の深刻な減少で輸血用血液の在庫量が不足し始めている地域もあるという。そうした状況を受けて3月5日に競泳の池江璃花子選手がSNSで献血の協力を呼びかけたのをはじめ、7日には橋本環奈や乃木坂46が献血についてツイートした。


橋本環奈は3月7日午後5:30にTwitterで「献血ルーム行ったけど出来なかった。今度時間ある時、成分献血行こ」と切り出して「思ったより人が多かった〜!」と振り返った。

全血献血には400mL献血と200mL献血があり、血液中のすべての成分を献血する方法だ。それに対して成分献血は成分採血装置によって血小板や血漿といった特定の成分だけを採血し、体内で回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻すもので、身体への負担も軽く多くの血小板や血漿を献血できるのが特徴である。

献血が足りない現状を知って献血ルームに足を運んだという橋本環奈。このたびは献血できなかったが「誰かの為に。と思って行動してる人は凄くカッコイイなぁて思い、自分もそうなりたくて。笑 皆様もぜひ」と呼びかけたところ、池江璃花子選手から反応があった。

池江選手は橋本のつぶやきに対して「ありがとうございます 1人の気持ちが沢山の方に伝わり、献血の大切さを知って頂き、協力して頂くことができて、良かったです」とコメントを寄せたのである。

さらに橋本環奈のツイートには、父親が白血病で何度も輸血に助けられたというフォロワーから「献血して下さった方に輸血で本当に元気になる事と感謝を知らせたい」と返信があった。そのフォロワーは『アンパンマンが大好きな小児がんの子供が、輸血をすると一時的に元気になることから、輸血用の血液を“アンパンマンのエキス”と呼んでいた』というエピソードをあげて、「誰かのアンパンマンになれる 橋本さん素晴らしいです!」と彼女の行動に共感していた。

他にも「トップアイドルのあなたからの呼び掛け、ありがとうございます。たくさんの方が、献血にいかれますようにお願いします」、「献血行きます! 環奈ちゃんにカッコイイと思って貰えるおばちゃんでありたい!」、「カッコ良すぎ…橋本環奈が動くと日本国民も動く」などの反響が寄せられている。

なかには「千年に一人の逸材」と言われた彼女の人気ぶりから「多分、血もめちゃくちゃ可愛いんだろうな〜」、「橋本環奈の血を輸血できる人はどれだけの得を…」、「橋本環奈の血俺の体にいれてほしい」といった声も見受けられ、当の橋本環奈も「ツッコミたいコメントが結構ありますね。笑」と呆れつつ「まぁ何はともあれ、みんな献血行こっ」と改めて呼びかけていた。

また日本赤十字社「みんなの献血」プロジェクトのイメージキャラクターを務める乃木坂46は、公式Twitterで7日午後0:36に「乃木坂46から献血ご協力のお願いです」と動画を投稿。齋藤飛鳥らメンバー5人が献血協力者の減少と輸血用血液の不足を訴えて「日本赤十字社では献血される方が一時期に集中しないよう、ご来場の際は可能な限り前日17時までのご予約をお願いしています」と協力を呼びかけた。

乃木坂46のツイートには「チョット前に初献血行ってきましたよ〜」、「献血して沢山の人達が助かるならば協力しなくてはですね」と賛同する声や、「毎回しております 乃木坂のクリアファイルもっと生産していただいて配布していただけると嬉しいです」というグッズに関する要望も寄せられた。

やはり橋本環奈の場合と似たように「メンバーが献血してくれるならいつでも行く」、「針怖いんで乃木坂ちゃんが吸血鬼になって吸ってくれ」、「飛鳥ちゃんに頼まれたらこの血液いくらでも差し上げます。全部吸って!」といった声で盛り上がるのは人気アイドルの証だろう。

彼女たちの呼びかけが届いたのか、Twitter上では「乃木坂効果すごいな 献血見たことないくらいすごい人」、「今日めっちゃ献血多かったらしいね。 絶対乃木坂ちゃんのおかげやろ」と反響があり、エリアによっては「姫路の街は人がいないのに、献血ルームはすごい人」という状況のようだ。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)