寺門ジモンに“ミシュラン三つ星”寿司店が毎月味のチェックを依頼 米2粒で「全然違う!」と違いを指摘

寺門ジモンに“ミシュラン三つ星”寿司店が毎月味のチェックを依頼 米2粒で「全然違う!」と違いを指摘

寺門ジモンに“ミシュラン三つ星”寿司店が毎月味のチェックを依頼 米2粒で「全然違う!」と違いを指摘の画像

ダチョウ倶楽部の寺門ジモン(57)と言えば“食通”で知られているが、彼の舌には一流料理人も一目置くようだ。ミシュラン三つ星の常連店が、ジモンに毎月味のチェックを依頼しているという。その様子が10日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』で紹介されたが、的確に容赦ないアドバイスをするジモンにスタジオの博多大吉や千鳥・ノブも驚いていた。


「あなたは何のために生きていますか? 私は美味しいものを食べるために生きているんです!」と力強く宣言する寺門ジモン。これまでに松坂牛丸ごと1頭を195万円で落札したり、白トリュフを食べるためだけに毎年イタリアへ2週間滞在するなどグルメ武勇伝も多い。

美味しいものを食べるためには労力を惜しまないようで、2月のまだ寒い時期に寺門ジモンは店の外で並んでいた。その店は、ミシュランと並び称されるアメリカ発のレストランガイド『ザガット・サーベイ』で「日本一美味しいお店」として紹介された『焼肉スタミナ苑』だ。予約ができないため行列が絶えないが、17時開店のこの店に13時半から並ぶのはジモンにとって当たり前だという。テレビカメラはNGの店だが、ジモンならばあっさりOKとなり、開店と同時にジモンは一番乗りで意気揚々とのれんをくぐっていく。20年以上通い続けているジモンについて、店主は「いつも最高ですよ!」と最高の客だと笑顔で称賛し、何も注文しなくても席に着くだけで裏メニューが9品も次々に出される。

寺門ジモンには肉が好きなイメージがあるが、実は「肉はオファーが多いからしゃべっているだけで、本当は俺が詳しいのは肉より寿司だから」と断言。なんと小学生の頃から銀座の寿司屋に通っているそうだ。

そのジモンに「月に1度、自分の寿司がぶれないように(味を)見てほしい」と依頼しているのが、2010年から10年連続でミシュラン三つ星を獲得している『鮨 さいとう』だ。ジモンは「弟子を育てる会を俺が任されてて…グルメハラスメントしてるんです」と笑う。この店もバラエティ番組の撮影はお断りだが、ジモンが「テレビ大丈夫だよね?」と聞けば「大丈夫です」とすんなり許可される。

この日ジモンが味のチェックをするのが、個室2部屋しかない同店でその1室を任されている一番弟子の板前・橋場俊治さんが握る寿司だ。まずコハダの握りが出されると、ジモンは口に運び、「おっ、うん」と唸ってから腕を組んで目を閉じて味を確かめた。そして「あのね、ちょっと(ネタが)大きい。酢飯とネタのバランスでネタが強くなってる。口の中で最高バランスを考えたら、ネタをちょっと小さくすることで答えが出る。お米も2粒ぐらい多くてもいいぐらい」とアドバイスを授けた。これに番組スタッフが「2粒で違うんですか?」と驚いて尋ねると、ジモンは「全然違う」とキッパリ。大間産マグロの握りでは「ううん、ううん…シャリでカバーできない。(ネタの)柔らかさに対して硬く感じる、握りが。なんか気合を感じない、この寿司に」と容赦ない。「いつもボコボコにされるんですよね」という橋場さんだが、ジモンの意見に素直に「はい」と耳を傾け、握り直すとジモンも「うん、全然違ったね」と満足そうだ。

「『この細かさがお笑いにあったら、もっと売れる』ってさんまさんに言われた」と大笑いした寺門ジモン。「好きこそものの上手なれ」とは言うが、ジモンの舌はどうやら類まれなる才能を持っているようだ。そんなジモンの舌には女優陣からの信頼も厚く、吉高由里子、土屋太鳳、橋本環奈、広末涼子らはジモンから美味しい店の情報を得ているそうだ。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)