吉沢亮“存在感が無さすぎる役”に挑戦 撮影中のおなら事件も告白で何かが振り切れた?

吉沢亮“存在感が無さすぎる役”に挑戦 撮影中のおなら事件も告白で何かが振り切れた?

吉沢亮“存在感が無さすぎる役”に挑戦 撮影中のおなら事件も告白で何かが振り切れた?の画像

3月20日公開の映画『一度死んでみた』では、広瀬すずがコメディに初挑戦して新たな一面を開花させているが、豪華キャストが集結する同作で“国宝級イケメン”と言われる吉沢亮も彼のイメージとは真逆の役を演じている。存在感が無さすぎてゴーストと呼ばれている会社員・松岡卓が彼の役で、前髪を下ろしてメガネをかけてオーラを消しまくっている。


映画『一度死んでみた』で広瀬すずが演じるのは、売れないデスメタルバンドでボーカルをしている反抗期こじらせ女子の大学生・七瀬。ライブで「一度死んでくれ!」と父(堤真一)への不満をシャウトしたところ、父が突然死んでしまう。実は父は“2日間だけ死んじゃう薬”を飲んだための仮死状態だったのだが、そのまま亡き者にしようという陰謀が。七瀬は、タイムリミットの2日間のうちに父の部下・松岡(吉沢亮)とともに大嫌いなはずの父を生き返らせられるのか―。

公開日に向けてキャストたちはテレビ出演などでPRに忙しく、19日にはフジテレビ系『VS嵐』に出演して嵐チームと対決し、公開日当日の朝はフジテレビ系『めざましテレビ』に広瀬すずと吉沢亮が生出演した。いずれも集合写真では「DEATH!」と人差し指を立てているが、これがこの映画での決めポーズなのだ。

吉沢亮と言えば、女性向けファッション雑誌『ViVi』で2018年下半期「国宝級イケメンランキング」で1位に輝き、殿堂入りとなったほどのルックスの持ち主。学生時代もモテモテで、中学入学3日目から告白ラッシュが続き、卒業までになんと学年の3分の1の女子から告白されたという。

その吉沢だけにこの映画では「存在感が無さすぎてゴーストと呼ばれている」という設定は演じるのが難しそうだ。しかしオーラを消して役を演じ、酒を勧められるシーンでは「僕、お酒ダメなんで」と拒否するも、無理矢理酒を飲まされて豹変し「お前らー! 俺の言うことは死ぬ気でやれーーー!」と絶叫、男性たちがひれ伏して「はいっ!」と応じると、「集合かけたら5分で来い! あーーー!」と叫び声をあげて振り切った演技を見せている。

公式ポスターでは、広瀬すずをおんぶしている吉沢亮は必死な表情をしているが、背後に亡くなった父役の堤真一が幽霊のように写っている。同作の脚本は、ソフトバンク「白戸家」シリーズなどで知られるCMプランナーでクリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光氏が手がけたが、このポスターのパロディーではその父が“ソフトバンクの白戸家のお父さん”に変わっている。この限定チラシは合計114か所の一部上映映画館にて数量限定で配布するので、吉沢の必死な表情にも注目だ。

公開日20日の舞台挨拶では、吉沢亮は撮影中に力を入れたときに「すっごい勢いでおならが出て…」と赤面告白。「しかもそれが『プゥ〜』みたいな可愛い音ではなくて、バイクのコール切ってるような『ブンッ!!』みたいな爆裂音みたいなおならが出て」と詳細に説明し、それを共演者のでんでんが気を遣ったのかスルーされたことで「それが逆にすごい恥ずかしかった」と回顧した。国宝級イケメンである一方で、存在感が無さすぎる役や振り切った演技もこなし、赤面告白もいとわないギャップが吉沢の魅力のひとつなのかもしれない。

画像2、3枚目は『映画『一度死んでみた』公式アカウントデス 2020年3月19日付Twitter「本日放送デーース」、2020年3月20日付Twitter「#めざましテレビ 生出演無事終了しました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)