加藤浩次『100日後に死ぬワニ』“映画化”批判に怒り「利益を得るのは良いこと」

加藤浩次『100日後に死ぬワニ』“映画化”批判に怒り「利益を得るのは良いこと」

加藤浩次『100日後に死ぬワニ』“映画化”批判に怒り「利益を得るのは良いこと」の画像

漫画家・イラストレーターのきくちゆうき氏が、SNSに毎日発表してきた四コマ漫画『100日後に死ぬワニ』。100日目となる“最終話”が20日の19時20分に投稿されたが、その直後に同作品の書籍化と映画化、グッズ販売の告知が次々とネット上にあがった。あまりの展開の早さに「全ては広告会社が裏で仕組んでいたのではないか」と感動の嵐から一転、ネットが炎上する事態になってしまったのだ。


3月20日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では『100日後に死ぬワニ』の作者・きくちゆうき氏を迎え、これまでのあらすじを紹介しながら、スタジオの出演者らはそれぞれどんな思いでこの作品を読んできたかを語った。MCの加藤浩次(極楽とんぼ)も同作品の大ファンで、この日の夜に公開される最終話を心待ちにしているようだった。

100日目でワニくんは題名どおり、ヒヨコを交通事故から救い自らひかれて死んだとみられている。イラストレーターのきくちゆうき氏のSNSには「ワニくん死んだんか? 本当に死んだんか?」「涙とまらん」と悲しみの声が多数届き、最終話のツイートには220万以上の“いいね”が付けられ大きな反響を呼んだ。しかし連載終了直後にキャラクタービジネスのお知らせが始まったため、「ワニは電通案件か」という噂が広まり一気に興ざめした読者も少なくなかったようだ。

23日放送の『スッキリ』でも100日目がどんなストーリーだったか、最終話について取り上げた。その中で加藤浩次が「映画化とか決まってて、それでなんか言われてる部分があるんでしょ?」と炎上していることについて触れると、水卜麻美アナが「“最初から決まっていたのかな”と疑問に思った方が多かったみたいで、物議を醸した部分がありますね」と説明した。すると加藤は「きくち先生が描いてきたことが書籍化されて、映画化されて、しっかり利益を得た方が良いと思うんだよね」とその利益を次の作品の創作に活かして欲しいと話し、「それを“なに大手の代理店と組んで、映画化とかやってんだよ”とか言うのって、全然意味が分からない」「それにきくち先生は、“代理店は関係無い”って言ってるんでしょ」と怒りをあらわにした。

この加藤の発言に、ネット上では「加藤さんがワニのきくち先生が利益得ることの何が悪いと言ってくれて、スッキリした」「スッキリ見てたけど加藤さんの言う通り。良い作品を見つけたら商売として取り入れるの当たり前」「ワニ書籍化メディア化で物議を醸す意味がわからん。これだけ話題になってるんだし作者に金が入るのは当然の事だし、Twitterで全部見せてくれた事自体嬉しい事だし。もし書籍化ありきだったとしてもこういう宣伝の仕方しても別にええやろって思う」と彼の意見に同意だとする声がある一方で、「作者に報酬がいくことに何も言ってないと思う。みんな100日間見守ってきたワニくんの死をそれぞれ受け止めて感じたり考える時間がもっと欲しかっただけ」とのコメントも見受けられた。
(TechinsightJapan編集部 みやび)