研ナオコ、新型コロナ終息願いリアル“アマビエ”に「撃退のためにはここまでやらねば」

研ナオコ、新型コロナ終息願いリアル“アマビエ”に「撃退のためにはここまでやらねば」

研ナオコ、新型コロナ終息願いリアル“アマビエ”に「撃退のためにはここまでやらねば」の画像

新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、3月に入った頃から半人半魚の妖怪“アマビエ”が話題になっている。海から現れ「もし疫病が流行することがあれば 私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ」と告げたという記録から、たくさんの人が絵を描いて自身のSNSに投稿。いつしか「#アマビエチャレンジ」としてぬいぐるみやラテアート、LEGOやバルーンアートでと多くの人が工夫を凝らしてアマビエを制作し、新型コロナウイルスの終息を祈願している。


くちばしのような口に、ウロコに覆われた体、足は3本という妖怪“アマビエ”。17日の『水木プロダクション(mizukipro)ツイッター』には、2015年に亡くなった漫画家・水木しげるさんが描いた“アマビエ”の原画を撮影したものが公開された。「妖怪、というより神に近い」と紹介され、「現代の疫病が消えますように」と言葉を添えている。

23日の午前中にはカズレーザー(メイプル超合金)が「大掃除してたはずなのに、気付いたらアマビエ化 #アマビエチャレンジ」として、CDをウロコに見立てるなど家にあるものを使用した“アマビエ”コスプレを披露。フォロワーから「コロナ撃退してくださいませ」「この写真、待ち受けにしてたら大丈夫ですかね」「想定外のクオリティw」と反響を呼んだ。

そして“アマビエ”の顔が「なんかちょっと私に似てるかも」思った研ナオコは、本格的なコスプレに挑戦。『研ナオコ(naokoken77)ツイッター』で公開された全身とバストアップの2枚の写真は完璧なアマビエだ。「コロナ撃退のためにはここまでやらねば」との彼女の覚悟は、3本の足にも表れている。

リプライ欄は「わ〜研ナオコさん御本人なんて凄い! 嬉しい! SNSって凄い」「インパクトありすぎて一瞬本気でビビリました…」「大物が身体はってらっしゃる…流石だ」「いよいよコロナ撃退のために研さん本気で立ち上がりましたね」「リアルアマビエ様じゃないですか」「笑ってしまい免疫ついた感じです。有り難いです!」とおおいに盛り上がっている。

画像は『研ナオコ 2020年3月23日付オフィシャルブログ「描くだけじゃ足りませんでした」』『カズレーザー 2020年3月23日付Twitter「大掃除してたはずなのに、気付いたらアマビエ化」』『水木プロダクション 2020年3月17日付Twitter「「アマビエ」です。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)