ドリフに子どもたちが夢中 世代を超えた志村けんさんの“お笑い”に「面白いけれど胸が痛い」の声

ドリフに子どもたちが夢中 世代を超えた志村けんさんの“お笑い”に「面白いけれど胸が痛い」の声

ドリフに子どもたちが夢中 世代を超えた志村けんさんの“お笑い”に「面白いけれど胸が痛い」の声の画像

フジテレビ系で4月1日に『志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう』が生放送され、スタジオゲストにザ・ドリフターズの加藤茶、仲本工事、高木ブーや志村さんとコントで共演した研ナオコ、いしのようこを迎えた。『ドリフ大爆笑』や『志村けんのバカ殿様』、『志村けんのだいじょうぶだぁ』などの映像で志村さんによるコントの名シーンを振り返りながら進行するなか、Twitter上では視聴者から「初めて見た子どもたちが夢中になっている…」という声が見受けられた。


オンエア後に研ナオコがTwitterで志村さんの写真と並ぶオフショットとともに「生放送のスタジオの中は、笑いでいっぱいでした」と投稿すると、視聴者から「悲しいのにずーっと笑っていました 志村けんさんが私達をまた、笑顔にしてくれました 大切な時間でした…」というコメントが寄せられた。

なかでも「赤まむしwwwほんと腹痛かったですww」といった声が目立ち、北海道ご当地キャラクター・まりもっこりも公式Twitterにて「でた! 赤まむしw #志村けん追悼番組」とつぶやいていた。志村けんさんと研ナオコが夫婦役で見せたコントの一幕に和まされたようである。

懐かしいコントシーンを楽しんだのは大人ばかりではない。Twitter上では20代のお母さんによる投稿があり、ドリフを初めて見た2歳と4歳の子どもが夢中になって「んはは!!! 面白いねぇこれ!!」と喜ぶ姿を目の当たりにして「凄くない?」と驚いていた。

「本当にびっくりしました、凄いです『この知らないおじさん面白い!』って志村さんを指差して…!」というお母さん。自身も子どもの時から夢中になって見ていた志村さんのことを思い「面白いけれど胸が痛いです」とつぶやいた。

別のお母さんからは、小さな女の子がテレビに見入る動画とともに「志村けん知らないのに 正座で見始めて爆笑してる」という投稿があり、それに対して「さすが志村けんは偉大ですね 知らない子供さえも惹きつける笑いだったんですね なんだか感動しました ありがとうございます」と反響があった。

『志村けんさん追悼特別番組』では志村さんと俳優・柄本明による「芸者コント」やちょんまげ姿による「おでん屋と町人」のコントも映った。

『バカ殿』で腰元役を演じたことのあるタレントの野呂佳代が、3月30日にブログで志村さんから「コントは喜劇なんだ」と教わったことを明かしていたが、柄本明とのコントはまさに「喜劇役者」同士の計算された緻密さとアドリブの応酬が笑いの相乗効果を生み出したものだろう。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)