鈴木おさむ、妻・大島美幸の健康観察期間が終了したことを報告 家族が“濃厚接触者”となり「考え方も景色も変わった」

鈴木おさむ、妻・大島美幸の健康観察期間が終了したことを報告 家族が“濃厚接触者”となり「考え方も景色も変わった」

鈴木おさむ、妻・大島美幸の健康観察期間が終了したことを報告 家族が“濃厚接触者”となり「考え方も景色も変わった」の画像

4月4日に新型コロナウイルスに感染したことが明らかになったお笑いタレント・黒沢かずこ(森三中)の“濃厚接触者”として、自宅待機中だった大島美幸(森三中)が8日の夕方、健康観察期間を終えたことを夫で放送作家の鈴木おさむ氏がSNSで発表した。幸いにも大島には発熱などの症状は無かったが、自宅でもマスクをして家族と近距離での接触を避けていたという。


所属する吉本興業によると、黒沢かずこは3月21日に発熱し様子を見ていたが、その後は熱が下がったため25日にCMの撮影に参加した。しかし味覚や嗅覚の異常が新型コロナウイルスの症状の可能性があると報道で知り、4月1日に東京都内の医療機関を受診。肺炎と診断され、3日夜の新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたという。大島美幸は25日のCM撮影で黒沢と会っていたことから、“濃厚接触者”として健康観察のため2週間の自宅待機となった。

8日深夜に更新した『鈴木おさむ 放送作家 osamuchan_suzuki Instagram』で「今日の夕方に、妻の濃厚接触者としての保健所の観察期間が終わりました」と報告し、大島が久しぶりに作った料理の写真が公開された。この2週間は夫である鈴木おさむ氏が食事の用意をし、父と4歳の息子・笑福(えふ)くんは食卓テーブルで、大島は少し離れたリビングの隅で食べていた。日常生活は2人と距離を置いて過ごしていたという。

こうして妻が“濃厚接触者”となったことで、鈴木氏は「自分の中でも考えかたがかわりました。景色もかわりました」と述べている。そして7日の緊急事態宣言を受け、「日本の感染者が減るには、本当に一人ずつの意識が一番の武器」、「よく寝て、食べて、1日を大切に慎重に!」とフォロワーに呼びかけた。

コメント欄では「おさむさんの発信が、たくさんの人の意識付けになったと思います。濃厚接触者の家庭内の状況がわかりました」「ほんとのコロナの怖さを勉強させてもらいました。お疲れ様でした。大島さんが復活出来て良かったですね!!」「頑張って乗りきりましょ〜」「私も映画を見たいとかお茶したいとか思ってましたがやっぱり考えを改めて、一人一人が意識を変えないとと思いました!!」と大島美幸の復活を喜ぶだけでなく、鈴木おさむ氏のSNSの投稿で新型コロナウイルスに対する危機意識が高まったとする声も見受けられた。

画像2枚目は『鈴木おさむ 放送作家 2020年4月8日付Instagram「今日の夕方に妻の濃厚接触者としての保健所の観察期間が終わりました。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

×