坂上忍、個人収入を全額寄付へ 売名行為と言われようが「寄付文化が根付かぬ日本では意義がある」

坂上忍、個人収入を全額寄付へ 売名行為と言われようが「寄付文化が根付かぬ日本では意義がある」

坂上忍、個人収入を全額寄付へ 売名行為と言われようが「寄付文化が根付かぬ日本では意義がある」の画像

坂上忍が4月17日(金)15時過ぎ、ブログで「ボク、タダ働きをすることに決めました」と坂上流の表現で個人収入を全て寄付すると公表した。「正確に言うと、緊急事態宣言が発令されてから解除されるまでの間、どれぐらいの期間になるかわかりませんが、ボクが得る収入はなにかしらの形で寄付をさせて頂くことに決めました」と説明しており、新型コロナウイルス感染拡大による未曾有の事態に対して行動を起こしたことがうかがわれる。さらに坂上忍は寄付の件を公表した意義についても訴えた。


坂上忍と言えば、メインMCを務めるフジテレビ系情報トークバラエティ番組『バイキング』で芸能界から政界まで納得がいかないことに対しては歯に衣着せぬ手厳しいコメントを繰り出すことで知られる。

折しも17日放送の『バイキング』では、新型コロナウイルス対策による休業や自粛要請によって国民の収入が激減するなか安倍晋三首相が「1人当たり10万円の現金を一律給付」する方針を固め、「困窮世帯限定の1世帯当たり30万円の現金給付」は取りやめる方向だと報じた。

次の『直撃LIVEグッディ!』にリレーで繋ぐ際、安藤優子キャスターが麻生太郎財務相による「10万円は要望される方、手をあげる方に配る」との発言を紹介したところ、矛盾を感じた坂上は「えっ? またぁ…」と呆れかえった。ブログを投稿したのはその後になる。

ブログで坂上は、新型コロナウイルスが問題化してからの『バイキング』出演を「どこかで違和感を覚え、座りの悪い状態が続いておりました」と振り返り、「なかなか説明しづらい感覚的なモノなのですが、おそらくコレは、ボクの弱さから来るものだとおもいます」という。

さらに「情報番組として発信し続ける、国家権力を国民の皆様が監視する為の、ささやかな橋渡し的役割」と自覚しながら、「どうにもこうにも、その理由だけでは足りない気持ちになってしまいまして…」とこのたびの公表に踏み切った心境を明かしていた。

坂上はこれまでにも寄付を公表した人に対してネット上で「売名行為」と叩く者がいることに触れ、「例え売名行為であったとして、寄付することのなにがいけないのか?」「ご本人が本意でなくとも、あえて公表することによって、寄付文化が根付いていない日本に於いては充分意義があると、ボクはおもっています」と訴えた。

ブログでは寄付についてだけでなく、「最前線で戦ってくださっている全ての医療従事者の方々…ありがとうございます」と切り出して「介護士の方々、保育士の方々、学校の先生方」「通信、交通機関で変わらずに働いてくださっている方々」「日常を支える為にスーパーやホームセンター、コンビニ等で働いてくださっている方々」に感謝を伝えていた。

そんな坂上忍の投稿には、ブログ読者から「こんな時だからこそ感謝の気持ちでいっぱいです。坂上忍さん、ありがとうございます…」、「震えるほどの決断だったと思います。とても勇気が必要な決断だったと思います…財力がある方でもなかなか出来ないことです。坂上さんのご決断を聞いて、生きていくということがどういうことなのか、あらためて考えさせられました」といったコメントが寄せられた。

Twitter上では「『やらない善より、やる偽善』 坂上忍を見直した」、「素晴らしい。寄付金が有効に使われますように」、「坂上忍さん。 個人的に全く好きではない…しかし、これは本当に素晴らしいことだし、称賛するしかないよね。 むしろこれを批判する人、じゃあどうしたら良いのさ?」などの反響があった。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)