ナイツ塙、公言通り「芸人辞めたんで」 今後は“役者”に土屋「棒読みって言われてる」とピシャリ

ナイツ塙、公言通り「芸人辞めたんで」 今後は“役者”に土屋「棒読みって言われてる」とピシャリ

ナイツ塙、公言通り「芸人辞めたんで」 今後は“役者”に土屋「棒読みって言われてる」とピシャリの画像

4月11日に自身のYouTubeチャンネルの動画1本目を公開したナイツの塙宣之。以前からYouTubeで動画を公開し続けている相方・土屋伸之のYouTubeチャンネル登録数を超えられなければ芸人を辞めると公言していたのだが、結局超えられず。そのため18日からは「芸人」と名乗れなくなったようだ。


18日放送のTBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』で、「僕もう芸人辞めたんで」と述べた塙宣之。塙が芸人を辞めたのは、11日放送の同番組で自身のYouTubeチャンネル登録者数が相方の土屋伸之を超えられなければ芸人を辞めると宣言し、その結果塙が9,300人(ラジオ番組放送時)と土屋の1.25万人を超えられなかったためだ。記念すべき1本目の動画『イキり先輩ラッパーに殴り込み!「俺はバイブス満タンだ。」』は再生回数3.5万回を突破し、塙が4月7日に開設したツイッターも現在3.4万人のフォロワーがいるが、なぜかYouTubeは登録者数が伸びなかった。

「僕はもう役者としてこれから。まあ皆さんのジャッジで『役者をやれ』と。ちゃきちゃきのリスナーが(チャンネル登録のボタンを)押さなかったわけですから」と塙。「このご時世、嘘をついてはいけません。今日から私、役者…人間、塙宣之として(やっていきます)。ナイツというユニットは(自身が所属する)マセキ芸能社から『いいよ』という許可が下りましたので、実質TKOさんに近い。役者と芸人のコンビになると思いますけど」と「役者」または「人間」という肩書きで活動していくという。これからも漫才は「漫才師を演じている役者」というスタンスで続けていくそうだ。

これに土屋伸之も「役者としてやっていくんだね、これからは」「残念ですね」としみじみしつつも、「ダメですよ、役者になっても。棒読みって言われてるんだから」とピシャリ。塙宣之は現在、テレビ朝日系連続ドラマ『警視庁・捜査一課長2020』に前シーズンに引き続き内藤剛志演じる大岩一課長の公用車の運転担当刑事「奥野親道(おくの・ちかみち)」役で出演中だが、本人も演技については気にしているのだ。

4月15日放送のテレビ朝日系『太田伯山』でも、自身について「流れるような棒読み」「表情筋が殉職している」「2回棒読みが続いたときは『棒棒鶏』」と演技に対する評価を自ら抜粋し、演技の勉強のためこれまで観てこなかったドラマを現在は週に26本観ていると明かしていた。たとえばただ立つにしても、どのように立ったらいいのか台本に指示がないため分からないそうだ。また昨年8月には俳優・近藤芳正のワークショップを見学し「演技力に磨きがかかればいいな。棒をピカピカに磨く。」とブログに綴ったこともある。「役者」と名乗って活動していくにしても苦戦しそうな塙宣之だが、漫才師役ならば完璧に演じ切ることだろう。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)