辻希美や堀ちえみ、バルコニーご飯で“おうち時間”楽しむ 外出自粛のなか“ベランピング”に注目か

辻希美や堀ちえみ、バルコニーご飯で“おうち時間”楽しむ 外出自粛のなか“ベランピング”に注目か

辻希美や堀ちえみ、バルコニーご飯で“おうち時間”楽しむ 外出自粛のなか“ベランピング”に注目かの画像

新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛が呼びかけられ、自宅で過ごす時間が増えている。タレント・辻希美&俳優・杉浦太陽夫妻や、タレントで歌手の堀ちえみは自宅バルコニーで家族で食事して“おうち時間”を楽しんだようだ。SNSで写真とともにその様子を公開しているが、それぞれ異なるスタイルで興味深い。


4人の子供を持つ辻希美と杉浦太陽はそれぞれのSNSを19日に更新し、家族6人でバルコニーにてランチを楽しむ姿を投稿した。「天気がいいからお昼ご飯は簡単にお弁当作ってバルコニーにシート敷いて食べたよ」という辻だが、テーブルにはウインナーや卵焼き、スパムのお寿司などがあり、ブロッコリーやウサギ形に切ったりんごやトマトなどで彩りも良くタッパーに詰められて並んでいる。パイナップルを模した可愛らしい容器に入ったドリンクも子供たちが喜びそうだ。

辻希美は「天気の良い日は外で食べるlunch いいね またやろ」と気に入ったようで、黒いタンクトップ姿の杉浦太陽も「お弁当作って家でピクニック気分! 普段、洗濯物を乾かすことが多いベランダ、自分流に読書やティータイムなど、ベランピング!! オススメです。」と太鼓判。「ベランピング」とはベランダとグランピングを合わせた造語で、自宅ベランダでできるアウトドアとして外出自粛のなか注目されているようだ。

一方で昨年の2月にステージ4の舌がん(左舌扁平上皮がん)、4月に食道がんの手術を受けた堀ちえみも19日に自宅バルコニーで焼肉を堪能した。同日のブログによると、堀は過去に肺炎に2度かかり「1回目は楓季を産んだあと、風邪をこじらせて。2回目は特発性重症急性膵炎の時。普通の肺炎でも呼吸が出来なくて、高熱が出てかなり辛かったのを覚えています」と経験を綴り、「お散歩に行きたい陽気。でも私は持病が多いので、感染リスクが高いと思われるので、やめておこう。」と外出は極力控えているらしい。

パティオやガレージで夕食をとったことはあるものの「バルコニーでは初めてです。」という堀は、家族4人で焼肉を満喫。ナムルやムンチサラダ、春キャベツと人参と玉ねぎの味噌汁、玄米おにぎりを手作りし、テーブルの上のホットプレートで肉を焼いている。「家にいるようになってから、ほぼ毎日食べていますね。」というにんにくも、「ホイルでお皿を作り、胡麻油を入れて素揚げ」して食べるという。

辻希美&杉浦太陽夫妻のバルコニーご飯には「バルコニーでお弁当食べるのは真似してみようと思った!」「バルコニーで家ピクニックしててめっちゃ楽しそう」「家の中で子供達が楽しめるように色々やってあげててすごいなぁ」「自宅バカンス最強」「ただこんな風に楽しく過ごせる大きなバルコニーや庭がない家に住んでる子供達もたくさんいる。多くの子供が少しでもリフレッシュできてますように…」、堀ちえみには「バルコニーで焼き肉 素敵ですね! 気分転換になりましたね」「家で楽しまないとねー」「こうやって工夫してお家ご飯を家族で楽しむことは今大切なことですね」などのコメントが寄せられている。

画像2〜6枚目は『辻希美tsujinozomi_official 2020年4月19日付Instagram「天気がいいからお昼ご飯は簡単にお弁当作ってバルコニーにシート敷いて食べたよ」』『堀ちえみオフィシャルブログ 2020年4月19日付「外掃除」「バルコニーで焼肉を!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)