菊池桃子の“アイドル論”がスゴイ! 「ファンのために、自分を律して生きる」

菊池桃子の“アイドル論”がスゴイ! 「ファンのために、自分を律して生きる」

菊池桃子の“アイドル論”がスゴイ! 「ファンのために、自分を律して生きる」の画像

タレントで女優の菊池桃子が、ブログで自分なりの“アイドル論”があることを明かしている。15歳で芸能活動を開始した彼女も、5月4日に52歳の誕生日を迎えた。長きにわたり応援してくれるファンに向けて「皆さんの存在が私を日々、律してくれる」と心からの感謝を述べている。


芸能界にも菊池桃子ファンは多く、タレントの千秋は2014年に行われた彼女のデビュー30周年記念コンサートに濱口優(よゐこ)と一緒に行き、会場にいた菊池の所属事務所の社長に「またライブをやって欲しい」とお願いしたくらいの大ファンだ。千秋が最初に「芸能人になりたい!」と思わせたのが菊池であり、「iPhoneに彼女の曲が全部入っている」とも明かしていた。現在40代後半〜50代前半の方々にとっては、特に印象深いアイドルの一人なのである。

千秋のように今でも変わらずに応援してくれるファンへの思いが、9日の『菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」』に綴られている。毎年デビューするたくさんのアイドル候補生の中から“菊池桃子”を見出してくれた方々を「大人になっても、がっかりさせては、いけない」というのが彼女の“アイドル論”だ。30、40、50と年齢を重ねても「若い頃から、自分は人を見る目があった!」、「若い頃の自分の選択は間違っていなかった」と“菊池桃子”を応援してきたことをファンに後悔させてはいけないと、自分を律して生きてきたという。

また昨年11月に再婚した経済産業省・経済産業政策局長の新原浩朗氏について、「アーリーMOMOKOファンに比べると、新参者です(なかり後輩です)が猛追しています(笑)」と紹介。「夫は責任感が強く、深い根の部分に優しさを抱えている人」と菊池がストレートに新原氏に惹かれた部分を伝えるのは、非常に珍しい。先行きが見えない日本の経済対策を講じるため激務が続く新原氏が、誕生日を祝うケーキを買ってくれたことを報告するなど幸せな結婚生活を送っていることを伝えている。2年前はストーカー行為に悩まされていた彼女が、私生活でこのような平穏な日々を送れることはファンにとっても喜ばしいだろう。

ブログにコメント欄は設けていないが、『momoko kikuchi momoko_kikuchi_official Instagram』には「こんなにファン思いな人は見たことはありません。みんなで桃子の気持ちに応えましょう!」、「桃子さんのブログに涙が出ました。ファンで本当に良かった、一生応援します」、「旦那様、優しいですね。桃子さんを見つめる優しい眼差しに私達ファンも安心しました」といった声が寄せられている。

画像は『momoko kikuchi 2020年4月21日付Instagram「【衣装】NHK総合「鶴瓶の家族に乾杯」」』『菊池桃子 2020年5月4日付オフィシャルブログ「誕生日の余韻」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)