勝武士さん“初っ切り”での勇姿 公開した相撲協会に「粋なはからい」の声

勝武士さん“初っ切り”での勇姿 公開した相撲協会に「粋なはからい」の声

勝武士さん“初っ切り”での勇姿 公開した相撲協会に「粋なはからい」の声の画像

大相撲の三段目力士・勝武士さんが5月13日に28歳で亡くなった。日本相撲協会によると新型コロナウイルスに感染して都内の病院で治療を続けていたが13日午前0時半、肺炎による多臓器不全で息を引き取ったという。勝武士さんと言えば巡業などで相撲の禁じ手を面白おかしく紹介する初っ切り(しょっきり)で楽しませてくれたものだ。日本相撲協会が公式SNSで5月15日、「勝武士は本場所の土俵だけでなく、初っ切りの演じ手としても努めてまいりました」と哀悼の意を込めて動画を公開したところ、多くの反響があった。


相撲協会が発表した勝武士さんが発病してからの経緯によると、4月4日・5日と38度台の発熱があり師匠が保健所に電話するもつながらず、その後も複数の病院や医師に相談したが医療機関が見つからなかったという。

4月8日になっても熱が下がらず救急車を呼び、夜になってようやく都内の大学病院に入院。簡易検査では陰性だった。しかし9日に状態が悪化して別の大学病院に転院、10日にPCR検査で陽性と判定した。4月19日からは集中治療室で治療を受けていたが、5月13日深夜に亡くなった。

糖尿病を患っていたことが症状悪化の要因ではないかという声がある一方、タレントでコメンテーターの麻木久仁子は勝武士さんの訃報で発熱してから亡くなるまでの経緯を知り、Twitterで「なんと痛ましい。いつになったら状況を改善するのか。する気があるのか」と指摘したように、対応が早ければ助かったのではないかという声も聞かれる。

勝武士さんと同期の琴恵光は悲しみのなか「同期会などでは盛り上げ役で皆を楽しませてくれて、人を喜ばせるのが好きだったと思う」と偲んだように、初っ切りはもちろん土俵外でもサービス精神に溢れていた。

Twitter上では巡業のステージを振り返って「おばちゃまに乳首をつまんでもらってご満悦の勝武士さん(笑)いつでも全力でみんなを楽しませてくれましたね…勝武士さんというかっこよくて優しいおすもうさんに会えて嬉しかったです」という声もあり、楽しかったことを思い出すつぶやきが多い。

女子プロレスラーの日向小陽は5月14日に「勝武士さん ご冥福をお祈りいたします」と思い出の1枚を投稿しており、勝武士さんのおどけた表情が印象的だ。

そんななか日本相撲協会が15日に「哀悼の意を表するとともに、応援頂きました皆様に感謝を込め、お届けいたします」と公開した「2月1日、豪風引退相撲にて勝武士と恵比寿丸により披露された初っ切り」の動画には、「勝武士さんの勇姿をアップしてくれてありがとうございます」、「これは粋なはからい。追悼をする心意気」、「相撲協会、粋な事するね。ご冥福をお祈りします」など多くのコメントが寄せられた。

画像は『日向小陽 2020年5月14日付Twitter「勝武士さん ご冥福をお祈りいたします。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)