ロバート山本博、ボクシングデビュー戦の相手ジロリアン陸と絆「僕の希望です!」

ロバート山本博、ボクシングデビュー戦の相手ジロリアン陸と絆「僕の希望です!」

ロバート山本博、ボクシングデビュー戦の相手ジロリアン陸と絆「僕の希望です!」の画像

お笑いトリオ・ロバートの山本博が、2008年からプロテストに挑戦して2014年にプロボクサーでデビューするまでの過去の映像を5月18日放送のテレビ朝日系『クイズプレゼンバラエティーQさま!! 15周年記念SP』で振り返った。数年前の企画ながらオンエア後にはボクシング関係者やファンからTwitter上で反響があり、さらにはロバート山本とデビュー戦でグローブを交えた現役ボクサーのジロリアン陸選手もコメントを寄せている。


2008年1月に『Qさま!!』が「芸能人がプロボクサーになれるのか?」という企画をロバートの山本博に持ちかけた。必死で特訓してプロテストに臨んだ山本だが不合格となり、応援してくれたロバートの秋山竜次、馬場裕之の前で「2人に比べて自信を持てず、足を引っ張っているのではないかという思いがあった。何か頑張るチャンスがねぇかと考えていた時にちょうど企画があり、絶対に勝ちたかった」と涙をこぼした。

ロバート山本の思いは強くさらに血の滲むような特訓を重ねて2度目のプロテストに合格して、いよいよプロデビューすることになる。相手は山本と同じアマチュア経験なしの右利きで10歳若い高橋陸(現・ジロリアン陸)に決まり、お互いデビュー戦だった。2014年11月26日に行われたデビュー戦は壮絶なものとなり、最終ラウンドの4Rでロバート山本がTKO勝ちした。

『Qさま!! 15周年記念SP』にリモート出演してVTR映像を見ていたロバート山本は、「長いですよ、本当に3分は」、「もう何も考えられなかった」、「インターバル中の声とかすごい聞こえましたよ」と当時を思い出していた。

ロバート山本がTwitterで自ら「いや、ホント良くやったな!」とつぶやいてデビュー戦を終えた時のトランクス姿を投稿したところ、「カッコよかったです!」、「感動して、泣きましたーーー」、「久々にみてもやっぱ激戦でした! あの日後楽園ホールで応援できてよかった!」などの反響があった。

また現WBA世界LF級スーパー王者の京口紘人選手が「ロバート山本さんのプロボクサーの密着。思ってる以上に過酷なのに、ホント凄い」とツイートしたのをはじめ、元プロボクサーの中谷正義さんが「最高!!! ボクシング盛り上げてくれてありがとうございます!! みんなもっと注目してくれーーー」と呼びかけるなど、ボクシング関係者からの声が少なくない。

ロバート山本はオンエアでデビュー戦の相手について「彼はデビュー戦で僕に負けた後に8戦8勝8KOで東日本新人王になった」と触れてさまぁ〜ずたちを「スゴイ人なんだ」と驚かせたが、デビュー戦の相手だったジロリアン陸選手は現役のボクサーだ。

『Qさま!!』の過去映像を見たジロリアン陸選手は、Twitterで「デビュー戦吐くほど緊張したなぁ。当時山本さんと試合できるなんて自分は持ってるなぁと思いました」と懐かしんでおり、「Qさまで知っていただいた方々、自分はまだ現役続けられるのでもう少し山本さんに自慢されるように頑張ります。応援よろしくお願いします」とさらに奮起したようである。

ジロリアン陸選手は中川翔子の母・中川桂子さんからの「ホールに山本さんの応援に行きました。相手の方、顔が濃くて強いなあと思って観ていたのを思い出しました」という声に、「自分がパンチ貰うたびに会場が湧いていたのを覚えています 山本さんの思いも背負って頑張ります」と応じていた。

実はロバート山本もTwitterで「僕の希望です!!」とジロリアン陸選手とのツーショットを披露しており、2人の絆が感じられる。「山本さんと試合できるなんて自分は持ってるなぁ」と当時から縁を感じていたジロリアン陸選手の活躍に期待したい。

ちなみにロバート山本がリモート出演するなか、今もボクシングは続けておりトレーナーのライセンスを取ったことを自慢げに話していると、相方のロバート秋山から「お前はボクシングばかりやってるじゃねえか!」と突っ込まれてしまう。秋山は「こいつお笑いやってないんですよ!」、「『Qさま!!』がお笑いを奪ったんですよ! 山本博から!」と訴えて笑わせたが、当の山本は複雑そうな表情をしていた。

画像2〜4枚目は『山本博 ロバート 2020年5月18日付Twitter「いや、ホント良くやったな!」「僕の希望です!!」』『ジロリアン陸 2020年5月18日付Twitter「デビュー戦吐くほど緊張したなぁ。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)