山里亮太、ツイッター更新が止まり心配する声「誹謗中傷の矛先がテラハ関係者に」

山里亮太のツイッター更新が止まり心配する声 木村花さん死去以降、山里に批判が殺到

記事まとめ

  • 南海キャンデーズ山里亮太は毎日更新を続けていたが、ツイッターの投稿が止まっている
  • 木村花さんが亡くなってから山里に批判が殺到しリプライ欄は一時炎上状態になっていた
  • 「気にしすぎないようにしてください」と、山里へのエールも多数届いているという

山里亮太、ツイッター更新が止まり心配する声「誹謗中傷の矛先がテラハ関係者に」

山里亮太、ツイッター更新が止まり心配する声「誹謗中傷の矛先がテラハ関係者に」

山里亮太、ツイッター更新が止まり心配する声「誹謗中傷の矛先がテラハ関係者に」の画像

お笑いコンビ・南海キャンデーズの山里亮太は、スタジオメンバーを務めていた恋愛リアリティーショー『テラスハウス』に出演していた木村花さんが23日に亡くなった後もツイート数は減ったが毎日更新を続けていた。だが番組公式サイトで新シーズン「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」の制作中止が発表された27日から、ツイッターの投稿が止まっている。一時は山里の公式ツイッターが「あまりにもひどいリプライだらけ…」とファンが驚くほどの状態になり、彼の精神的ダメージを心配する声も見受けられた。


山里亮太は27日深夜放送のラジオ番組『水曜JUNK?山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)で、木村花さんが亡くなったことを受けて「本当にショックです。ひたすら残念です。悲しいです」と追悼し、初めて訃報を知った時は「もう本当に何か真っ白になってしまって、何を言ったらいいのか―と。とことん悲しかったけど、それをオレが言っていいのかとか。現時点で、ニュースとかで言われている情報の中では、とてつもない(木村さんの)苦悩に気付けなかった」と心から悔やんでいた。そして自分も長い間“誹謗中傷”を受ける側であったこと、それがどれほど辛いものかを知る人間だったのにもかかわらず、木村さんの苦悩に気付けず何もできなかったことを情けなく思っているようだった。

しかしNetflix公式チャンネルで配信されていたテラハ本編スペシャル解説「山チャンネル」で関係する動画が突然削除されたことから、『山里亮太(YAMA414)ツイッター』には「今度は 山チャンネルの削除ですか?  都合が悪くなると、ツイートしなかったり、削除してばかり」「徳井さんがいなくなったのが痛かったですねえ。番組自体がイジメ空間になってました」「山ちゃんも傷ついてるとは思いますが一言だけ苦言を。山ちゃんは傷つけられる側ではなくもう傷つける側に回ってることに気づいて下さいね。山ちゃんより立場が上の人に言うのは弄りになりますが、下の人に言うのは弄りではなく苛めになります」と批判の声が次々と寄せられ、リプライ欄は一時炎上状態になっていた。

このような状況に、「誹謗中傷の矛先がテラハ関係者に向かっていて心配です。一番責任があるのは匿名の中で直接DMで誹謗中傷した人々なのに…この場でも誹謗中傷している方々は似たことをしていることを自覚できないのでしょうか」「花さんの件で誹謗中傷の愚かさに気付いた人も中にはいると思いますが、標的を変えただけでまだ懲りずに続けている人もいます。本当に残念。山ちゃんガンバレ!」「誹謗中傷で亡くなられたと問題になっていてもまたここで繰り返されてる。何でも言って良いわけちゃうやんか。正義の味方気取りが多すぎる。山ちゃん気にしすぎないようにしてください」と、山里亮太へのエールも多数届いている。
(TechinsightJapan編集部 みやび)