吉本劇場を2か月ぶりに訪れた藤崎マーケット・トキ そこは「ウォーキングデッドの世界」だった

吉本劇場を2か月ぶりに訪れた藤崎マーケット・トキ そこは「ウォーキングデッドの世界」だった

吉本劇場を2か月ぶりに訪れた藤崎マーケット・トキ そこは「ウォーキングデッドの世界」だったの画像

お笑いコンビ・藤崎マーケットのトキがおよそ2か月ぶりに吉本の劇場を訪れた。トキは6月2日、Twitterでその時の様子を「ウォーキングデッドの世界」のようだと描写したところ、その表現にフォロワーが「リアルなドキュメンタリーや」、「楽しすぎる!」と和んでいた。


田崎佑一とトキにより2005年にコンビを結成した藤崎マーケット。大阪NSC26期生の同期には和牛、かまいたち、天竺鼠、バイク川崎バイクなどがいる。

「ラララライ体操」のネタでブレイクした一発屋のイメージがあるものの、漫才は『M-1グランプリ』で2006年から4年連続で準決勝に進出したほどの実力派だ。

藤崎マーケットは昨年3月30日、「フジテレビ開局60周年特別企画」として生放送された『ENGEIグランドスラム LIVE』の特別企画「平成リズムネタ博物館」に出演して、久々に「ラララライ体操」を披露した。その時はまさか1年後に新型コロナウイルスが猛威を振るい、自粛要請や緊急事態宣言によって吉本の劇場が閉鎖されるとは思いも寄らなかっただろう。

5月25日に全国で緊急事態宣言が解除されたことで、吉本興業が6月6日(土)から全国の劇場を段階的に再開することを発表した。

藤崎マーケット・トキはそれを聞いてテンションが上がったようだ。2日にTwitterで「吉本の劇場へ行ってみた。2か月ぶり」とつぶやいた。トキは劇場再開に向けて少しずつ活気が戻り「誰かいるかもと淡い期待」を胸に裏口から楽屋に向かったが、「物音一つ無し。ウォーキングデッドの世界」だったという。

アメリカの人気テレビドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』は、ゾンビが大発生して終末を迎えた世界を描いている。トキは人の気配がない劇場の雰囲気を、荒廃して誰もいなくなった「ウォーキングデッドの世界」にたとえたわけである。

トキは講談師のように「おい! 誰かいないか! 漫才師! 漫才師よ!」と心の叫びを描写して、「漫才師全滅。諦め座り込む私めがけてトキさん!の声。振り向くと後輩。おお。生きていた。九条よ」と続けた。

大阪NSC35期の後輩お笑いコンビ・コウテイのメンバーで「ズィーヤ」というギャグを持つ九条ジョーから声をかけられたのだ。トキが「九条よ。謎の握手。漫才師残り98人」と結んだところ、フォロワーから「リアルなドキュメンタリーや」、「楽しすぎる! しかも1人目ズィーヤ! 笑」と反響があった。

「ウォーキングデッド、生還者1人目発見ですね。あと98人見つけてください 笑」、「中継してほしい」、「ぜひDVD化してください」、「トキさんの文章めっちゃ面白いです! 小説書いてみたらどうですか?」と期待する声も見受けられた。

ちなみに吉本興業によると、まずは6月6日(土)からよしもと漫才劇場(大阪・難波)とヨシモト∞ホール(東京・渋谷)で無観客公演を開始し、インターネットでライブ配信(有料)するという。

画像は『藤崎マーケット・トキ 2019年4月1日付Instagram「平成最後のラララライ仕事でございました。」、2020年1月1日付Instagram「結局はいつもの悪縁達と新年を迎える事になりました。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)