有吉弘行とカンニング竹山、過去の対談でアンジャ渡部の“不倫”について語っていた

有吉弘行とカンニング竹山が2018年「ボクらの時代」でアンジャッシュ渡部の不倫を語る

記事まとめ

  • 過去の対談でカンニング竹山が「渡部くんが不倫してバレるところ見たい」と語っていた
  • 有吉は「(渡部は)もう、しないでしょ」と否定、渡部の不倫を疑っていなかったよう
  • タレント、局アナなど多くの不倫騒動が世間を騒がせ、長期休業に追い込まれたケースも

有吉弘行とカンニング竹山、過去の対談でアンジャ渡部の“不倫”について語っていた

有吉弘行とカンニング竹山、過去の対談でアンジャ渡部の“不倫”について語っていた

有吉弘行とカンニング竹山、過去の対談でアンジャ渡部の“不倫”について語っていたの画像

お笑いタレントの有吉弘行(46)とアンジャッシュ渡部建(47)、2人の付き合いは20年以上にもなる。ここに世代が少し上のカンニング竹山(49)が加わり、トークを展開した番組が放送されたのは2017年12月。3人はプライベートでも交流があるが、同年4月に渡部が女優の佐々木希(32)と結婚したことについて竹山はネットニュースで知ったと言い、有吉はそもそも渡部が誰と付き合っているのか全く興味がなかったそうだ。この放送以降も“竹山社長の会”と称して渡部がお勧めの店に集まり、3人分の食事代は竹山が負担するという集まりは続いている。


2017年12月3日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、有吉弘行と渡部建は20代前半の全く売れていなかった時代の思い出話をしている。アンジャッシュと猿岩石はライブで一緒になることが多く、渡部は有吉を可愛がっていたそうだ。「(猿岩石は)コントとかやってたもんね。旅(『進め!電波少年』のユーラシア大陸横断ヒッチハイク企画)に行く日も、ライブで一緒だった」、「デカい鞄を持って、“番組の企画で旅に行くんですよ、今日”。それで、帰ってきた時には大スター」と当時を振り返っていた渡部。一方で有吉は、二十歳過ぎの頃に渡部と一緒に行った下北沢の居酒屋でのエピソードを毒舌混じりで話す。「信じられないくらいカスッカスの平目の刺身が出てきたんすよ。俺でさえ、“こんなもん食えるか”って刺身」、「渡部さんそれ食って“うまいなあ”って」と皮肉る。その彼が今や、芸能界を代表する“グルメ王”となっているのだ。

翌2018年3月25日放送の『ボクらの時代』の“未公開スペシャル”と題した回で、カンニング竹山はなんと「渡部くんが不倫してバレるところ見たい」と話していた。「どうなるかっていうのを、じっくり見てみたいんだよ」と真剣に語っていたが、有吉はこの時「(渡部は)もう、しないでしょ」と否定している。それは2016年〜2018年にお笑い芸人や俳優、女優、ミュージシャンにタレント、局アナなど多くの不倫騒動が世間を騒がせ、なかには芸能活動を長期休業に追い込まれたケースもあり、その状況を自分も渡部も間近で見てきたからだろう。2人とも長いどん底時代を経験し、大変な苦労を重ねてやっと現在の地位まで上り詰めたのだ。有吉は「今このご時世に不倫してる人って相当ですよ、だって“自分だけは撮られない”と思ってるんだから」と呆れていたが、渡部が結婚当初から不倫をしていたとは思ってもいなかっただろう。

その渡部が今、タレント生命の危機が囁かれるほどの窮地に陥っている。彼の不倫報道があった時、有吉は自身のツイッターにポン酢の瓶で彼を殴るイラストを投稿したが、『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で使用されたイラストで渡部へのメッセージが込められているようだ。14日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)では、渡部についてどのようなコメントがあるのか注目が集まっている。

画像2枚目は『有吉弘行 2020年6月10日付Twitter「いつも良いイラストありがとうございます。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)