レイザーラモンRG、伊沢拓司&カズレーザーのものまね“クイズ王”対決コントが好評「あるレーザーの表情最高!」

レイザーラモンRG、伊沢拓司&カズレーザーのものまね“クイズ王”対決コントが好評「あるレーザーの表情最高!」

レイザーラモンRG、伊沢拓司&カズレーザーのものまね“クイズ王”対決コントが好評「あるレーザーの表情最高!」の画像

お笑いタレントのレイザーラモンRGが、バラエティ番組で得意の「あるある」ネタを封印し一人二役の「ものまね」コントに挑戦した。ネタを見た南原清隆(ウッチャンナンチャン)は「レイザーラモンRG、こんな芸風があるんだ」と感心していたが、特にメイプル超合金・カズレーザーのものまねに関しては「クオリティ高いですね! 100点です(笑)」と彼のファンからも大絶賛されている。


お笑い芸人が出演する舞台やライブ、イベントは3月頃からほぼ中止になった。そんな中で5月3日にABEMAで生配信されたのが、“自宅からもっとも笑いを取れる芸人は誰なのか!?”をテーマにした「家-1グランプリ2020 〜お笑い自宅芸No.1決定戦〜」である。プロ・アマ問わない視聴者参加型の賞レースで、2分以内の自宅でできるネタをツイッターに投稿。レイザーラモンRGはクイズ番組で活躍する伊沢拓司のものまね“ある沢拓司”で挑戦し、決勝進出は逃したものの『レイザーラモンRG(rgizubuchi)ツイッター』には伊沢ファンからも多数のアドバイスが寄せられていた。「答える前に“えっとーだからー”が入れば完璧です笑」「伊沢さんの分かりやすい特徴の“正解したらお辞儀”があったらめちゃめちゃよかった!」「あともう少し、顔が押しボタンに近ければ完璧」「ほくろあったらいいな〜」などかなり具体的な内容が多く、RGはそれらのアドバイスを丁寧に読み込み、彼のものまねをさらに進化させたようである。

そして6月12日「外出自粛期間中、皆様に育ててもらった“ある沢”の晴れ舞台です!」とRGのツイッターで出演告知があったのが、同日放送の『ネタパレ』(フジテレビ系)である。伊沢がレギュラーを務めるクイズ番組『東大王』(TBS系)を模したスタジオで、“あるレーザー”(RGによるカズレーザーのものまね)を相手にクイズバトルを繰り広げるコントを披露したのだ。

この初披露した“あるレーザー”はまだ完成型ではないらしく、RGは“ある沢”のライバルとして「仕上げていきたい!」としているが、視聴者やSNSのフォロワーにはかなり評判が良い。「カズレーザー本物と思っちゃった」「あるレーザー激似w」「あるレーザーの表情が最高!」「ネタパレの公式動画見たけど気付いてませんでした…ずっとカズレーザーだと思ってました」とカズレーザーが本人ではなかったことをRGのSNSで初めて知ったという声も見受けられた。

ちなみに今度は、『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)で無人島からの脱出する“ある沢拓司”のコントに挑戦したいそうである(2019年9月放送分の同番組で、伊沢拓司は脱出に成功)。ツイッター民と一緒に作り上げた“ある沢拓司”は、レイザーラモンRGにとって特別な存在になっているようだ。

画像2〜4枚目は『レイザーラモンRG 2020年6月12日付Instagram「今晩のネタパレは「あるある王」ある沢拓司vsあるレーザー!」、2020年6月13日付Twitter「ネタパレありがとうございました!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)