堀ちえみ、週末の一泊旅行を取りやめる 「コロナは消滅していない」「もし自分が運んでしまったら」と悩んだ末に

堀ちえみ、週末の一泊旅行を取りやめる 「コロナは消滅していない」「もし自分が運んでしまったら」と悩んだ末に

堀ちえみ、週末の一泊旅行を取りやめる 「コロナは消滅していない」「もし自分が運んでしまったら」と悩んだ末にの画像

歌手でタレントの堀ちえみ(53)が、ブログで今月20日から予定していた国内旅行を断念したと伝えている。都道府県単位での移動の自粛は19日から全面解除されるが、悩みに悩んだ結果「今回はまだやめておいたほうがいい」との結論に達したようだ。


2019年2月に舌がん、4月に食道がんの手術を受けた堀ちえみだが、同年8月には術後初の海外旅行として夫婦で韓国、台湾を訪れていた。同じ年の大晦日には、家族でヘリコプターをチャーターし温泉旅行へ出かけるなど2019年後半は旅先でのグルメやショッピングを楽しんでいたものだ。仕事の方では2019年秋に女性誌のロングインタビューを受けたり、著書『Stage For〜舌がん「ステージ4」から希望のステージへ』(扶桑社)の発売、今年の1月にはテレビ朝日系『徹子の部屋』でテレビ復帰を果たすなど、2020年はさらに彼女の元気な姿を見る機会が増えそうであった。しかし新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、4月1日の『堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」』で「これから暫くの間は、仕事を自粛します」と報告。4月10日には、長年仕事で世話になっていた知人が新型コロナウイルスに感染し亡くなり、かなりのショックを受けた堀はより徹底した外出自粛に努めていた。

こうして5月25日に緊急事態宣言が解除されても長時間の外出を控えていた堀が、およそ2か月ぶりに大学病院で診察を受けたのは6月9日のこと。以降は久しぶりに家族で外食したり、テレビ番組の収録に参加したりと堀も徐々に日常を取り戻している。しかし20日に予定していた友人夫婦らとの金沢旅行は、「今回はまだ…やめておいた方がいいのかな」とキャンセルしたという。同じメンバーで4月の初めに計画していた京都旅行も中止していたことから、行きたいのは山々だったが「コロナが消滅したわけではないから、もし自分が運んでしまったら」とどうしても最悪の状況を考えてしまい、行く行かないで意見が分かれるなか苦渋の決断を下したそうだ。

コメント欄では「まだこの状況下ではやはり正しい選択だったんじゃないでしょうか? お友達もわかってくださると思いますよ」「旅行をキャンセルしたのは、間違った判断ではないと思います。まだどこに見えない敵がいるのかわからないし…」「ちえみさんは去年大病をされているし、まだまだ慎重にされた方が良いと思います。せっかく頑張って病と闘って守った命ですから、どうか大切になさってくださいね」と堀ちえみの決断を支持する声が多く、また金沢在住の方からは「今は不安がまだ残る時期です。大丈夫! 心から楽しめる時にまたいらして下さい」とのメッセージが寄せられている。

画像2枚目は『堀ちえみ 2020年6月13日付オフィシャルブログ「収録2本の途中休憩で!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)